体感試験で乾燥対策の重要性を再確認しました。

1月22日の夜、試験的にヘッド・ルームの前面をオープンにして就寝しました。

その結果、早朝、喉に乾燥時の風邪のようなイガイガ感を覚えました。
今年に入ってから感じずにいた(ある意味懐かしい)感覚でした。
頭や耳への寒さ対策効果のほか、相当な加湿効果がある事を体感しました。

絶対湿度が代謝により約2倍に増加する実験データは以下のURLを参照願います。

http://npo-escot.org/wp/wp-content/uploads/hpb-media/hr190111.pdf

尚、本日の気象庁の乾燥に関するデータです。