台風で窓ガラスが割れるのを防ぐ有効技術

台風19号の上陸リスクが高まる中、フォルムやガムテープが品切れになっているとのマスコミ報道がありました。

これらは窓ガラスの飛散防止効果が主ではないかと考えられます。
もちろん、強風で飛び散った窓ガラスは凶器となりえます。

エスコットで開発した防災エコ窓は強風や飛散物から窓ガラスが割れるのを防ぐ簡易技術です。

また、高い断熱性能により、冷暖房費を大幅に削減し、気候変動対策にもなります。

 

衝撃試験動画Yuotube

 

 

 

 

衝撃吸収、分散原理

 

 

 

 

 

 

 

 

尖った飛散物は吸着

 

 

 

 

 

 

 

 

難燃なので焦げますが炎が出ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細情報

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です