solar energy collector

Application form for ENERGY GLOBE FOUNDATION
Title:
ENVIRONMENTAL POTENTIAL OF IMPROVED POLYCARBONATE HOLLOW SHEET
PROJECT


Project summary

Project of NPO ESCOT is about research and development of improved polycarbonate hollow sheet (hereinafter called HEATLE PANEL) in following field.
1. Convert ray (include sunlight) to heat.
2. Produce O2 by photosynthesis.
3. Decompose organic matter in waste water by generation of BIOFILM inner wall of hollow sheet.
4. Promote chemical reaction, such as water electrolysis.
5. Control ray strength, collar, and reflection.
6. Radiation cooling system by running under ground water inner wall.
As far as solar heat collector usage is concerned, NPO ESCOT supplied/spread more than 100 HEATLE PANELs for greenhouses, waste water treatment plant, University, National research institution, and of course for individual.
Technological concept of HEATLE PANEL was chosen a subsidies to realize innovations by MAFF (Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries) in 2014.
Also the technology received a [MAKING THINGS IDEA PRIZE] in home town Kashiwa-city, Japan.
Of course the technology was given/authorized a Patent for its novelty of the invention.
As a detail, HEATLE PANEL(LWH size:1810mm x 910mm x 4.5mm) can collect approx. 780W(185cal/sec) of solar energy.
Sunlight exchange to heat ratio is 48% and it is the simple ever a DIY solar collector panel made by hollow sheet that is availability in many countries.


A) Initial situation and context of the project/initiative

In Japan approx. 60% of energy consumption of families is for “heating” and “ hot-water supply”.
This means, under 45 degree centigrade of heat source/supply can be effective solution for world
energy issue.

approx.60% of energy is HEAT ENERGY

Actually solar heat collector was very popular more than 20-30 years ago.
However in recent electrification and government subsidies, solar heating system is changing to SOLAR CELLS on the roof in Japan.
Some people abandon solar heat collector on the roof, even it still does work well.
By the way, necessity of heat energy is in winter time when height of the sun is low.
In this case, solar heat collector should be able to put on outer wall or garden instead of roof.
However, Japanese makers does not supply solar heat collector that can be put on outer wall, most of them are too heavy to put on.
Context of the project is to look again usage of heat energy, and supply/spread a DIY kit model.
HEATLE PANEL is light weight, thin, strong, flexible, high efficiency, low price, possible/easy to DIY make, and it can be stow almost anywhere.
*Thickness of HEATLE PANEL is 4.5mm( light receiving plate area), weight is less than 2.7kgs, can circulate/stow approx. 6 little of water/liquid inside , so easy to put on the wall by screw and also can be hung down by cord.


Any kind of liquid can be put into HEATLE PANEL

B)Description of project objective and motivation

In Japan, most of people think, electricity should be the main energy source to live.
Many people think solar generation is the best way to prevent global warming.

ESCOT agrees in some aspect of this image, however, it is not accurate.
As a graph shows, “HEAT” is the leading character in energy demand.
In food production, such as agriculture, fish breeding heat supply and control is vital factor.
When we need HEAT ENERGY, we should obtain HEAT ENERGY from heat source (as much as possible), such as, sunlight, underground water, drainage etc.
Heat collection from sunlight used to be very popular in Japan, because solar heat collector is low price, easy installation and high efficiency.
As far as heat energy handling is concerned, people can be not only supplier, but also even manufacture .
So project goal is to re-consider heat energy source and research/spread a DIY type hybrid solar system (SIMULTANEOUS RECOVERY SYSTEM OF HEAT AND ELECTROCITY ENERGY).
Objective is to create/research more possibility of hollow sheet in many aspects.4

C) SCOPE AND IMPLEMENTATION ACTIVITIES

At this stage scope of the project is in Japan.
We applied the HEATLE PANEL to following uses.
1. As a SOLAR HEAT COLLECTOR
2. As a SIMULTANEOUS RECOVERY SYSTEM OF HEAT AND ELECTROCITY ENERGY
3. As a AERATION OF AQUARIUM
4. As a RADIATION COOLING (OR) HEATING SYSTEM USIGN UNDERGROUND WATER IN GREENHOUSE
Major activities that we have been conducted is as following.
1.Developed off grid SOLAR HEATING SYSTEM.
2.Conducted an experiment of solar heat supply system to activate bacterium.
3.Conducting an experiment greenhouse temperature control system.
4.Manufactured “FLEXIBLE HYBRID SOLAR COLLECTOR” which can collect both electricity and heat at the same time.


Many field of application of HEATLE PANEL. Structure of the HEATLE PANEL


D) INNOVATION

Polycarbonate sheet is wildly application as roofing construction and decoration field, like greenhouse, sport stadium, passageway, swimming pool, workshop, bus stop, parking shelter etc.
In a winter day, an experiment was done.
A sensor was put into space of hollow sheet.
The temperature of inside hollow sheet was approx. 20 degrees centigrade higher than environs air temperature by getting sunlight.
However nobody tried to make a solar heat collector from hollow sheet until then.
Flowing air to warm up room temperature was the first challenge.
To obtain hot air was not so difficult, however flowing water/liquid was difficult and took us several years to create countermeasures for problem as below.
1. Hot water resistance, insulation for water pressure, and water shock wave
2. UV deterioration
3. Water drift effect inside of hollow sheet
4. Material selection and design for pipe joint part
5. Adhesive material to put all parts together
6. Freeze-fracture
7. Improvement/create of peripheral equipment to be off grid system etc.
8. Research on applied technology, such as hybrid solar, bio reactor, etc.
All these things and action taken for can be the innovative aspects of this project.
In this project, people can make the SOLAR ENERGY COLLECTOR with DIY tools.
Some can start SOLAR ENERGY FACTRY after he or she makes and uses this HEATLE PANEL.
*FYI: the technology of HEATLE PANEL was authorized as a Patent.
Patent office took this innovation in their Magazine.
And this technology was received a MAKING THINGS IDEA PRIZE in home town Kashiwa-city in Japan.

Flexible Hybrid Solar, LWH:1810 x 910 x 5mm, weight:8kg, HEAT & ELECTRICTY


E) IMPLEMENTATION AND COSTS

The one of off grid type system is consist of 2-3 HEATLE PANELs, solar pump+ 15W solar cell, priming water tank, and a simple heat exchanger.
Its cost is approx. 500-550 US$ (include all parts and manual) in Japan.
In this case, the cost will be refunded within three years in Tokyo area.
Durability of HEATLE PANEL could be more than 10 years, because most of hollow sheet used outside as roofing, last more than 15 years without deterioration symptom.
If HEATLE PANEL work 10 years then user can save approx. US$2500 since then.
It is easy to fix the HEATLE PANEL, even water leaking trouble happens by some physical impact.


Basic system of the HEATLE PANEL


HEATLE PANEL on the wall, heat exchanger in bath, PUMP PRIMING TANK & SOLAR PUMP

F) Description of achieved results

HEATLE PANEL was introduced into greenhouse where is in cold district in Japan.
The farmer grows seeding by using both gas and electricity to warm up inside of the greenhouse in cold days.
After introduction, heating wire buried under the ground was not used in most cases, according to the farm owner.
This technology of project was taken up subsidies to realize innovations by Japanese MAFF (Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries) in 2014.
In this project, HEATLE PANEL uses clear polycarbonate plate was equipped around ceiling of greenhouse.
Result was as flowing.
1. Absorb only infra-red rays (heat ray) so no influence for the crops.
2. HAETLE PANEL work as air-conditioning by running underground water inside.
3. Save CO2 gas by reduce number of ventilation
*Blackout curtain and ventilation are the main way to cool down greenhouse temperature.

Also this technology was adopted by Chiba Prefectural Livestock Research Center.
In the livestock waste water treatment plant where above organization operates, heat was necessary to activate microbe in cold season.
Before HEATLE PANEL was introduced, they use electric heater.


LIVESTOCK WASTE WATER TREATMENT SYSTEM


WATER QUALITY IMPROVING SYSTEM
     

PHOTOSYNTHESIS AIR SUPPLY
     




MAKING THINGS IDEA PRIZE in home town Kashiwa-city in Japan

G) Replication of potential (Model character)

As a matter of fact, the technology is open for whoever try to make.
In the exhibition in Japan, we explained how to make it to all visitors.
Now we are ready to send all parts (include hollow sheet) and English manual to overseas, so that everybody can make it in their country.
The HEATLE PANEL is composed by three main parts such as HOLLOW SHEET, WATER SEALING PLATES and PIPE CONNECTORS.
All of them are made from polycarbonate, so we use only alcohol type silicon adhesive material to put it together.
As a tool, people need drill, box cutter, and silicon injector to make it.
Hollow sheet and water sealing plates is available everywhere, water pipe connection and English manual is ready to send by e.mail.


ENGLISH MANUAL


info@npo-escot.org
tel:81-80-4365-0861


このエントリーをはてなブックマークに追加

活動

ソーラー換気システム(梅雨の時期対応)!!!

初夏から秋にかけて利用できる換気システムです。

太陽の力で屋内の湿った空気を自動で排気します。

冬季はファンを吸引にしてソーラー集熱器として機能します。

パソコン用ファンを利用しているので長寿命です。

ソーラー集熱兼排気パネル1820x910、太陽電池12W、ブラシレス・ファンで構成され、日射強度と同期してON/OFFします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

継ぎ手一体型送風ファンの上部の防水端子ケース

 

 

 

 

排気はパネル上部から行います。 換気に掛かるエネルギーはファンと暖められた空気です。

室内側の吸引部では滞留している湿気を勢い良く吸いだします。

 

2018年4月24日

ワンコイン(100円/月)でのパレット・シェアリング・サービス(PSS)実証試験開始、輸送分野での資源循環を目指す。

マッチングプラット・フォームであるグローバル・キャパシティー・マッチング(GCMサイト)を運営するNPOエスコットと会員の<U-パレット>は輸入パレットによるパレット・シェアリング・サービス(PSS)の実証試験を開始する。

製品輸入に伴い大量に国内に持ち込まれる外国製パレットは国内のサイズとは微妙に異なり、供給が不安定であるという理由から廃棄される場合が多い。
また、中には違法伐採木材由来のパレットもある。

一般に食品等の輸入で用いられるパレットは品質が良く、再販形態でのリユースが行われていた。しかし、販売の場合、1回以上の再利用は望めなかった。

そこで、ある程度以上の基準を満たす良質輸入パレットの借用するシェアリングという考えに至った。

購入コストと廃棄コストを抑え、資源循環とその先の森林資源保全につながるビジネスモデルとしての発展を目指す。

ワンコイン(100円/月)のPSSモデル第1号

===============

PSS-01:木製 1080×1100x155mm

用途履歴:飲料の輸入で欧州からの輸入品で用いられました。
構成:木製
形状:片面・四方差
外寸:1080×1100×155㎜
上板:1080×145×20 2枚(両端)
1080×115×20 6枚(中)
上桟:1100× 85×20 3枚
コマ:95× 95×95H 3コ
:95×145×95H 6コ
下板:日の字× 巾85 × 厚20

写真:


 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

お申込み*

グローバル・キャパシティーマッチング運営事務局(NPOエスコット内)

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803

電話:03-5429-6370 ファックス:04-7166-4128

メール:info@gcm-sys.org

 

 

2018年3月13日

環境ビジネス総合研究所のビジネスマッチング会でプレゼン、3/15

環境ビジネス総合研究所からの発信メールです。
ご参加できる方は直接、同団体に。

==============

毎回様々な環境企業様と出会い、ビジネス交流が持てる
3月度環境ビジネスマッチング会(交流会)のプレゼンテーターが
決まりましたのでお知らせ致します。

NPO法人エスコット 理事長 藤本治生氏です。http://npo-escot.org
テーマ「気候変動期の減災対策」グローバルな温暖化対策が手遅れとなった時・・・

1.求められる強風対策:既設窓の強化技術
風速48m/secが窓の耐風圧限界、これまでの首都圏の最大瞬間風速は46.7m/sec・・・

2.求められる革新的食糧供給手段:湖上農法、ゼロ・エネでのエビ養殖技術
富栄養化湖沼の窒素、リンで野菜栽培。エサなしでも増殖する特定川エビ・・・

3.求められる国際物流形態:
内陸ポートと南北貿易、空コンテナの多目的ユース

4.生態系インフラの開発企画:
CO2固定し、食糧生産が可能な特定樹木を用いた「海の森計画」

とても興味深く盛りだくさんな内容ですね。
皆さま是非お越し下さいませ。宜しくお願いします。

【 環境ビジネスマッチングランチ会 】

【日時】2018年3月15日(木)
マッチング会 12:00~14:00 (受付開始 11時45分より)

【会場】「北海道」赤坂見附店
https://r.gnavi.co.jp/g086256/
東京都港区赤坂3-10-4 赤坂月世界ビル3F
東京メトロ(丸の内線、銀座線) 赤坂見附駅 徒歩3分

【会費】会員1,000円・非会員1,200円(食事代含む)

【お申込み】事務局の岩松へ
社名、氏名、ご連絡先、簡単なPR文を明記の上、お申込み下さい。
岩松 iwamatsu-eco@urban-system.co.jp

【締切】2018年3月13日(火)まで

※お食事内容は焼魚定食です。
アレルギーや好みで別メニューをご希望される方はご相談下さい。
おかず内容を変更致します。

※当日はプチプレゼンタイムを設けております。
資料等配布物がある方は是非ご持参下さい。

皆様お誘いあわせの上、ご参加下さいませ。
何卒、宜しくお願い申し上げます。

***********************

環境ビジネス総合研究所
事務局長   岩松 美千子

〒107-0051
東京都港区元赤坂1-6-2 安全ビルレジデンス2004
Tel : 03(3405)7010 fax : 03(3405)7020
URL http://www.ebri.jp/
E-mail iwamatsu-eco@urban-system.co.jp

アーバンシステム株式会社
URL
http://www.urban-system.co.jp

***********************

2018年3月13日

「3月の人財交流マッチング会議のご案内」3月20日

持続可能な社会・環境システムの発展に資するヒト、モノ、コト、キャパのマッチングを推進する為、以下の3月ランチ交流会を実施致します。

ご出席頂ける方は自らの取り扱う製品、サービスのプチプレゼン(パンフレット、チラシの配布を含む)をお願いしています。

 

3月のランチ交流会概要↓

 

ゲストスピーカー:芳賀裕様

株式会社NTS 常務(電気産業の排ガス処理装置の開発・製造・販売・メンテ)

南房総エネライフ(再生可能エネルギィー開発と設置会社相談役)

大井里山保全協議会・同有害獣対策保全協議会

自主防災組織「かわせみ」の事務局

南房総市子供会理事・福島に心を寄せる房総の会責任者等

 

テーマ:

①   株式会社NTSの排ガス処理装置の特徴と課題

②   市民エネルギー活動と課題

③   地方創生活動(think globally act locally)について

 

日時:3月20日(火曜)、13時00分~15時15分

※混雑を避ける為、昼の時間帯をずらしてのランチ会議となります。

 

場所: ロオジ 大崎店 TEL:03-3491-0816

※バラエティーに富んだビュッフェスタイルのレストランです。

 

〒141-0032

東京都品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎ゲートシティプラザ B1F

 

アクセス、店舗情報:https://nilax.jp/brand/roujiosaki/store/246.html

 

参加費:2,000円 (資料・ランチ代として)

定員:20名程度

お申込み:定員に達し次第締め切らせて頂きます。

お申し込み方法:以下のフォームタイトルに「人財交流ランチ参加希望」と

ご記入の上、送信願います。

フォーム:http://gcm-sys.org/?page_id=3025

 

 

 

NPOエスコット事務局

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803

メール:info@npo-escot.org

HP:http://npo-escot.org

物流系マッチング・サイト:http://gcm-sys.org

2018年3月7日

窓を強化・断熱するマド・ボルト試用モニター募集(125円)/セット,工場、事務所、倉庫、一般住宅の防災、省エネに!

NPOエスコットが開発したマド用ボルトのモニター募集のご案内です。

既設の窓ガラスの外側に後から着ける事で突風、強風で窓ガラスが割れるリスクを低減します。
※都内の通常ガラスの設計風圧力は約1,290N/m2で瞬間風速に換算すると48.0m/秒となります。
これまで東京で観測された最大瞬間風速は46.7m/秒との事です。
(出典:旭硝子様のHP)
洪水や地震同様、早急な対策が必要になるのではないでしょうか?

 

もちろん、ペアガラス以上の省エネ効果が期待できます。

施工では工場、倉庫、事務所での業務を止める必要はありません。

通常費用は91 x 91cmの程度の窓で中空ポリカを入れて約2千円程度です。( 窓ボルトは4セット使用で1,000円です。)

今回お試し価格125円/セット(税・送料別)で提供します。

但し、
※1社16セット(窓ガラス4枚分)までとさせて頂きます。
※試験施工後、設置した写真の送付をお願いしています。

詳細情報はこちら

窓用ボルトナットは日本の町工場で精密加工された特許取得済み製品です。

窓用ボルトナットは日本の町工場で精密加工された特許取得済み製品です。通常価格は250円/セット

衝撃分散形状

衝撃力を分散する形状となっています。 また、底面の凹みがシリコーン接着剤を適量保持します。

中空ポリカーボネート板とコラボすることで断熱性と窓の衝撃吸収性が得られます。

防弾ガラスと同じ素材である、中空ポリカーボネート板とコラボすることで断熱性と窓の保護、断熱性等が得られます。ポリカーボネートは難燃素材です。

    衝撃テストの動画です。

窓ボルトに地震用ジェル

衝撃吸収ジェルを窓の中心に入れた事例: 衝撃吸収と断熱空気層の確保が図られます。

窓への取り付け法

施工には水にも強い市販のバスボンドを使います。 乾くと2kgまでの重量を保持できます。

倉庫での使用例。UVカットで貨物を守ります。

倉庫での利用例、紫外線カットなのでカートン、紙袋が変色しません。

遮光フィルム

窓ボルト導入前の倉庫は遮光フィルムでUV対策を行っていました。 その結果、日中でも明かりを必要としました。また、フィルムは数年で劣化してしまうとの事。

会議室での使用例、断熱、防音機能

会議室での利用例:約16デシベルの防音効果もあります。

2018年2月6日 | カテゴリー :

窓ボルトご購入者様からのご質問と回答です。

今回、熊本のユーザー様から以下2つのご質問を頂きました。
1.ハモニカーボとガラス面との隙間がほとんどないように見えますが。
 取付方に問題があったのでしょうか?
2.ナットの取付に、非常に苦労しました、指がつりそうになりました、
 慣れの問題かもしれませんが、何かいい方法はないでしょうか。
 ボルト先端のネジ山に引っ掛かりさえすれば、後はボックスドライバーで簡単なのですが。

窓と中空ポリカの空間つくりには地震対策用のジェルとナットの締め付けには竹串

窓と中空ポリカの空間つくりには地震対策用のジェルとナットの締め付けには竹串

単板(シングルガラス)引き違いマドの場合、メーカーにもよりますが、ガラス面から8mm以内に収めないと

単板(シングルガラス)引き違いマドの場合、メーカーにもよりますが、ガラス面から8mm以内に収めないと  引っかかる場合があります。  したがって、中空ポリカが4mm+留め具厚(ナット+ワッシャー)約2mmなのでガラス面との隙間は2mm程となります。

ガラス面との間にジェルが挿入されました。これにより断熱スペース確保と衝撃吸収の両方の効果改善が期待されます。

ガラス面との間にジェルが挿入されました。これにより断熱スペース確保と衝撃吸収の両方の効果改善が期待されます。

 

竹串をナットの3mmの穴に押し込みます。

竹串をナットの3mmの穴に押し込みます。

竹串に刺したまま窓ボルトのネジ部に合わせ軽くしめします

竹串に刺したまま窓ボルトのネジ部に合わせ軽くしめします。

ボックスレンチしっかり締めます。

ボックスレンチしっかり締めます。

 

取り付け完了です。竹串以外にマッチ棒なども使えるかもしれません。

取り付け完了です。竹串以外にマッチ棒なども使えるかもしれません。 (近々やってみます。)

2018年2月2日 | カテゴリー :

窓ガラス保護で衝撃吸収ジェルを試験導入

窓割れ対策にジェルシート使用。

地震対策に使われるジェル材を窓の保護に使ってみました。

窓割れ対策につかうジェルを窓の中央に張りました。

接着力があるので付きな場所に張れます。窓の中心に張ってみました。

ガラス面からの高さが8mm以内なので引き違い窓の開閉には問題ありませんでした。写真左の上下の隅に見えるのが窓ボルトです。

ガラス面からの高さが8mm以内なので引き違い窓の開閉には問題ありませんでした。写真左の上下の隅に見えるのが窓ボルトです。

窓ガラスの外側の中空ポリカとの間にジェルを導入します。

窓ガラスと中空ポリカの間にジェルがはさまれた状態です。ジェルの厚みは3mmです。

中空ポリカにUVカット処理が施されているのでジェルも劣化しにくいものと考えられます。(経過観察です。)

中空ポリカにUVカット処理が施されているのでジェルも劣化しにくいものと考えられます。(経過観察です。)

引き違い網戸(写真左)と窓ボルトのナット部の隙間や大丈夫です。

引き違い網戸(写真左)と窓ボルトのナット部の隙間や大丈夫です。

 

2018年2月2日 | カテゴリー :

太陽熱温風送風用ファン

温風ファン

太陽熱温風パイプ用送風ファン(リード線3m付)

太陽電池駆動で太陽熱による温風を送ります。

2018年1月19日
› 続きを読む