solar energy collector

Application form for ENERGY GLOBE FOUNDATION
Title:
ENVIRONMENTAL POTENTIAL OF IMPROVED POLYCARBONATE HOLLOW SHEET
PROJECT


Project summary

Project of NPO ESCOT is about research and development of improved polycarbonate hollow sheet (hereinafter called HEATLE PANEL) in following field.
1. Convert ray (include sunlight) to heat.
2. Produce O2 by photosynthesis.
3. Decompose organic matter in waste water by generation of BIOFILM inner wall of hollow sheet.
4. Promote chemical reaction, such as water electrolysis.
5. Control ray strength, collar, and reflection.
6. Radiation cooling system by running under ground water inner wall.
As far as solar heat collector usage is concerned, NPO ESCOT supplied/spread more than 100 HEATLE PANELs for greenhouses, waste water treatment plant, University, National research institution, and of course for individual.
Technological concept of HEATLE PANEL was chosen a subsidies to realize innovations by MAFF (Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries) in 2014.
Also the technology received a [MAKING THINGS IDEA PRIZE] in home town Kashiwa-city, Japan.
Of course the technology was given/authorized a Patent for its novelty of the invention.
As a detail, HEATLE PANEL(LWH size:1810mm x 910mm x 4.5mm) can collect approx. 780W(185cal/sec) of solar energy.
Sunlight exchange to heat ratio is 48% and it is the simple ever a DIY solar collector panel made by hollow sheet that is availability in many countries.


A) Initial situation and context of the project/initiative

In Japan approx. 60% of energy consumption of families is for “heating” and “ hot-water supply”.
This means, under 45 degree centigrade of heat source/supply can be effective solution for world
energy issue.

approx.60% of energy is HEAT ENERGY

Actually solar heat collector was very popular more than 20-30 years ago.
However in recent electrification and government subsidies, solar heating system is changing to SOLAR CELLS on the roof in Japan.
Some people abandon solar heat collector on the roof, even it still does work well.
By the way, necessity of heat energy is in winter time when height of the sun is low.
In this case, solar heat collector should be able to put on outer wall or garden instead of roof.
However, Japanese makers does not supply solar heat collector that can be put on outer wall, most of them are too heavy to put on.
Context of the project is to look again usage of heat energy, and supply/spread a DIY kit model.
HEATLE PANEL is light weight, thin, strong, flexible, high efficiency, low price, possible/easy to DIY make, and it can be stow almost anywhere.
*Thickness of HEATLE PANEL is 4.5mm( light receiving plate area), weight is less than 2.7kgs, can circulate/stow approx. 6 little of water/liquid inside , so easy to put on the wall by screw and also can be hung down by cord.


Any kind of liquid can be put into HEATLE PANEL

B)Description of project objective and motivation

In Japan, most of people think, electricity should be the main energy source to live.
Many people think solar generation is the best way to prevent global warming.

ESCOT agrees in some aspect of this image, however, it is not accurate.
As a graph shows, “HEAT” is the leading character in energy demand.
In food production, such as agriculture, fish breeding heat supply and control is vital factor.
When we need HEAT ENERGY, we should obtain HEAT ENERGY from heat source (as much as possible), such as, sunlight, underground water, drainage etc.
Heat collection from sunlight used to be very popular in Japan, because solar heat collector is low price, easy installation and high efficiency.
As far as heat energy handling is concerned, people can be not only supplier, but also even manufacture .
So project goal is to re-consider heat energy source and research/spread a DIY type hybrid solar system (SIMULTANEOUS RECOVERY SYSTEM OF HEAT AND ELECTROCITY ENERGY).
Objective is to create/research more possibility of hollow sheet in many aspects.4

C) SCOPE AND IMPLEMENTATION ACTIVITIES

At this stage scope of the project is in Japan.
We applied the HEATLE PANEL to following uses.
1. As a SOLAR HEAT COLLECTOR
2. As a SIMULTANEOUS RECOVERY SYSTEM OF HEAT AND ELECTROCITY ENERGY
3. As a AERATION OF AQUARIUM
4. As a RADIATION COOLING (OR) HEATING SYSTEM USIGN UNDERGROUND WATER IN GREENHOUSE
Major activities that we have been conducted is as following.
1.Developed off grid SOLAR HEATING SYSTEM.
2.Conducted an experiment of solar heat supply system to activate bacterium.
3.Conducting an experiment greenhouse temperature control system.
4.Manufactured “FLEXIBLE HYBRID SOLAR COLLECTOR” which can collect both electricity and heat at the same time.


Many field of application of HEATLE PANEL. Structure of the HEATLE PANEL


D) INNOVATION

Polycarbonate sheet is wildly application as roofing construction and decoration field, like greenhouse, sport stadium, passageway, swimming pool, workshop, bus stop, parking shelter etc.
In a winter day, an experiment was done.
A sensor was put into space of hollow sheet.
The temperature of inside hollow sheet was approx. 20 degrees centigrade higher than environs air temperature by getting sunlight.
However nobody tried to make a solar heat collector from hollow sheet until then.
Flowing air to warm up room temperature was the first challenge.
To obtain hot air was not so difficult, however flowing water/liquid was difficult and took us several years to create countermeasures for problem as below.
1. Hot water resistance, insulation for water pressure, and water shock wave
2. UV deterioration
3. Water drift effect inside of hollow sheet
4. Material selection and design for pipe joint part
5. Adhesive material to put all parts together
6. Freeze-fracture
7. Improvement/create of peripheral equipment to be off grid system etc.
8. Research on applied technology, such as hybrid solar, bio reactor, etc.
All these things and action taken for can be the innovative aspects of this project.
In this project, people can make the SOLAR ENERGY COLLECTOR with DIY tools.
Some can start SOLAR ENERGY FACTRY after he or she makes and uses this HEATLE PANEL.
*FYI: the technology of HEATLE PANEL was authorized as a Patent.
Patent office took this innovation in their Magazine.
And this technology was received a MAKING THINGS IDEA PRIZE in home town Kashiwa-city in Japan.

Flexible Hybrid Solar, LWH:1810 x 910 x 5mm, weight:8kg, HEAT & ELECTRICTY


E) IMPLEMENTATION AND COSTS

The one of off grid type system is consist of 2-3 HEATLE PANELs, solar pump+ 15W solar cell, priming water tank, and a simple heat exchanger.
Its cost is approx. 500-550 US$ (include all parts and manual) in Japan.
In this case, the cost will be refunded within three years in Tokyo area.
Durability of HEATLE PANEL could be more than 10 years, because most of hollow sheet used outside as roofing, last more than 15 years without deterioration symptom.
If HEATLE PANEL work 10 years then user can save approx. US$2500 since then.
It is easy to fix the HEATLE PANEL, even water leaking trouble happens by some physical impact.


Basic system of the HEATLE PANEL


HEATLE PANEL on the wall, heat exchanger in bath, PUMP PRIMING TANK & SOLAR PUMP

F) Description of achieved results

HEATLE PANEL was introduced into greenhouse where is in cold district in Japan.
The farmer grows seeding by using both gas and electricity to warm up inside of the greenhouse in cold days.
After introduction, heating wire buried under the ground was not used in most cases, according to the farm owner.
This technology of project was taken up subsidies to realize innovations by Japanese MAFF (Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries) in 2014.
In this project, HEATLE PANEL uses clear polycarbonate plate was equipped around ceiling of greenhouse.
Result was as flowing.
1. Absorb only infra-red rays (heat ray) so no influence for the crops.
2. HAETLE PANEL work as air-conditioning by running underground water inside.
3. Save CO2 gas by reduce number of ventilation
*Blackout curtain and ventilation are the main way to cool down greenhouse temperature.

Also this technology was adopted by Chiba Prefectural Livestock Research Center.
In the livestock waste water treatment plant where above organization operates, heat was necessary to activate microbe in cold season.
Before HEATLE PANEL was introduced, they use electric heater.


LIVESTOCK WASTE WATER TREATMENT SYSTEM


WATER QUALITY IMPROVING SYSTEM
     

PHOTOSYNTHESIS AIR SUPPLY
     




MAKING THINGS IDEA PRIZE in home town Kashiwa-city in Japan

G) Replication of potential (Model character)

As a matter of fact, the technology is open for whoever try to make.
In the exhibition in Japan, we explained how to make it to all visitors.
Now we are ready to send all parts (include hollow sheet) and English manual to overseas, so that everybody can make it in their country.
The HEATLE PANEL is composed by three main parts such as HOLLOW SHEET, WATER SEALING PLATES and PIPE CONNECTORS.
All of them are made from polycarbonate, so we use only alcohol type silicon adhesive material to put it together.
As a tool, people need drill, box cutter, and silicon injector to make it.
Hollow sheet and water sealing plates is available everywhere, water pipe connection and English manual is ready to send by e.mail.


ENGLISH MANUAL


info@npo-escot.org
tel:81-80-4365-0861


このエントリーをはてなブックマークに追加

活動

滋賀県大津市、Y氏邸でのヒートルパネル設置事例報告

ヒートル・パネル設置事例:滋賀県大津市、Y氏邸

全体写真:ガルバニューム鋼板の屋根上に2枚のヒートルパネルを設置。 ヒートルパネルの熱回収効率を高める為、受光面に4mm厚のハモニカーボを追加。 太陽電池はシリコーンで直付。

 

 

 

 

 

 

 

浴室状況:窓枠の無垢板を通してホースを引き込み。

 

 

 

浴槽につけた熱交換器:目隠しした24時間風呂だと汚れが可視化される。 フレキ管の結束にはφ2.6mmの銅線を使い雑菌(レジオネラ等含む)の繁殖対策とした。

ホース固定:屋根の上でホースが暴れないように金具にもたせる。

太陽電池:上下にL型アングルをネジ止めし、屋根の鋼板に接着

ヒートルパネル固定:縦方向にL型アングル、横方向に3本の四角アングルで架台を作り、4本のステンレス製番線で固定。

循環水用タンク:左右のL型アングルに金具をつけ、サドルバンドのT足を固定。

2018年9月6日

DIY川エビ養殖に関する研究開発

2018,9,3 yuotubeにアップした動画です。

エサとして与えている米糠です。

 

 

 

 

 

米糠を散布直後、この後、少しづつ沈降します。

 

 

 

 

 

全体写真、200リットルタンク、60リットル、50リットルの3つのタンクで養殖中

 

 

 

 

 

 

 

ポンプを動かす太陽電池6v

タンクの中の川エビ

2018年9月3日

NPO ESCOT気候変動減速プログラム作成

エスコットではこれまでに蓄積した技術、知見、ノウハウ、ネットワークをフル活用し、気候変動を減速させるプログラムを作成、資料室にアップしました。

資料室:http://npo-escot.org/?page_id=2218

 

2018年8月8日

8月より毎月第2、第4、火曜日にNPO会員間のネット・ワークミーティングを行います。

8月より毎月第2、第4、火曜日にNPO会員間のネット・ワークミーティングを行います。

目的は会員間のアイディア交流と会員への活動報告です。
ご都合が付くようでした是非、お越し下さい。

初回の詳細は以下の様になります。

①アイディア交流:夢のある企画お持ち下さい。

②エスコット活動報告:

*木製梱包材リユース活動報告
*睡眠時の省エネ対策(夏季バージョン)
*太陽熱利用分野での各種実験と実績報告
*その他

参加資格:
NPOエスコットの会員とその知人
※参加者多数の場合は会員のみとさせて頂きます。

8月の実施日時:

8月14日(火曜)10時15分~11時45分
8月28日(火曜)10時15分~11時45分

場所:
丸の内3x3lab future
http://www.33lab-future.jp/

定員:10名
お申込み:定員に達し次第締め切らせて頂きます。

お申し込み方法:以下のフォームタイトルに「ネット・ワークミーティング参加希望」と
ご記入の上、通信欄に参加希望日をご記入頂き送信願います。

*お申し込みフォーム
→ http://gcm-sys.org/?page_id=3025

NPOエスコット事務局

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803
メール:info@npo-escot.org
 HP:http://npo-escot.org
マッチング支援サイト:http://gcm-sys.org

2018年8月6日

研究・学習用のポータブル太陽熱コレクター(1/4サイズ・ヒートルパネル)の販売開始!

光熱変換は光電変換の2倍以上であるにもかかわらず、太陽熱利用の用途開発が進んでいません。

そこで、使いやすい小型ソーラーコレクターの製造販売を始めました。

学校、研究機関等での利用を想定しています。

==========

パネルスペック:

サイズ:910x45x12mm

重さ:約15kg

パネル内の保水水量:約1.5リットル

回収熱量:約200サーマル・ワット

付属品:太陽電池、ポンプ(ゴミ取りメッシュつき)、継ぎ手金具(ホースは含まれません)

製造概念:温水を媒体として簡単利用

問い合わせ:080-4365-0861 info@npo-escot.org

 

エスコットでは現在ボウフラを太陽熱で処理し、可野発生を押さえる研究を行っています。

 

 

2018年7月12日

輸入新古パレットの再利用先を募集中です。

木製ワンウェー・パレットの再利用推進サイト⇒こちら

 

ISPMのマークの入った輸入ワンウェーパレットは輸出でも再利用できます。
プラット・フォームへのパレット情報提供をお願いします。

メール:m-team@gcm-sys.org

植物検疫措置に関する国際基準 ISPM No.15の国際貿易に於ける木材梱包材の規制(2009)です。

規制書
4.3.1 木材梱包材の再利用⇒この基準に従って処理及びマークされた木材梱包材であって、修理、再製造あるいはその他の変更がなされていないものは、その試用期間を通じて再処理またはマークの再適用を必要としない。

ISPM 15のマーク例

取り決めを行う国際機関 IPPM

2018年7月12日

7月18日(水曜)人財交流ランチ会議、参加者募集

持続可能な社会・環境システムの発展に資するヒト、モノ、コト、キャパのマッチングを推進する為、7月の人財交流ランチ会議を実施致します。
ご出席頂ける方は自らの取り扱う製品、サービスのプチプレゼン(パンフレット、チラシの配布を含む)をお願いしています。
_____________________
日時:7月18日(水曜)、13時00分~15時15分
※混雑を避ける為、昼の時間帯をずらしてのランチ会議となります。

場所: ロオジ 大崎店 TEL:03-3491-0816
※バラエティーに富んだビュッフェスタイルのレストランです。

〒141-0032
東京都品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎ゲートシティプラザ B1F

アクセス、店舗情報:https://nilax.jp/brand/roujiosaki/store/246.html

参加費:2,000円/人
定員:25名程度
お申込み:定員に達し次第締め切らせて頂きます。
お申し込み方法:以下のフォームタイトルに「人財交流ランチ会議参加希望」と
ご記入の上、以下のフォームより送信願います。
お申し込みフォーム:http://gcm-sys.org/?page_id=3025

NPOエスコット
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803
メール:info@npo-escot.org
環境技術系サイト:http://npo-escot.org
マッチング・サイト:http://gcm-sys.org

2018年7月5日

木製パレット・リユース提案、森林資源保護とCO2固定維持

現在、以下の5タイプの木製リユース・パレットの在庫がございます。

CO2の長期固定と森林資源保護につながるリパレ利用にご理解とご協力をお願い申し上げますす。

☆リパレ在庫概要─────────────────────

以下、5タイプございます。
写真は3ケタの番号にてURL経由で確認頂けます。

シェア&リユース

① 010
1000x1000x80mm,栃木県佐野周辺、熱処理済み、約180枚

② 009
1000x1000x130mm,栃木県佐野周辺、熱処理済み、約180枚

③ 006
1100x1100x105mm、栃木県岩船市、約300/枚、輸出不可

④ 005
1100x1100x125mm、埼玉県久喜市、約50枚、熱処理済

⑤ 001
980x1100x110mm、栃木県宇都宮市、約200枚、合板製

☆☆☆以下の2タイプのパレットの購入希望者がいます。
情報をお持ちの方はご連絡願います。

パレットサイズ:

北米向け:1220mmx1020mmx130mm

欧州向け:1200mmx800mmx130mm

※数ミリ程度の大小の誤差であれば問題ないそうです。

購入希望価格:程度により100円~300円/枚

紹介者・情報提供者に対する謝礼:50円/枚

備考:上記以外のサイズでも再利用の可能性があるのでご連絡ください。

□─────────────────────

以下のフォームまたはメールよりご連絡願います。

各種受信専用ページ

マッチング推進チーム:高野まで

携帯:090-3498-4137

メール:m-team@gcm-sys.org

◆◆◆◆

NPOエスコット

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803

メール:info@npo-escot.org

環境技術系サイト:http://npo-escot.org

マッチング・サイト:http://gcm-sys.org

2018年7月5日

森林資源保護案件、中古木製パレットのご提供者を募集しています。

NPOエスコットの専任のマッチング・コーディネーターの高野です。

この度、環境意識の高い企業様より北米および欧州向け輸出で中古木製パレットを使用したいので探してほしいとの依頼を受けました。

現在、輸入の増加により、まだまだ使える木製パレットが大量に捨てられています。

森林資源とそこに住む動植物保護の観点からも重要な仕事であると考えています。

つきましては、皆様からのご連絡をお待ちしています。

※尚、マッチングには紹介者様へのインセンティブ(謝礼)がございます。

問合わせ概要
□─────────────────────

今回、探しているアイテム:輸入で国内に持ち込まれたワンウェーパレット

現在の向け地:北米、欧州

利用枚数:約300枚/月

最低輸送枚数:100枚

納入先:東京大井地区、倉庫
※排出元からの直接輸送希望

パレットサイズ:

北米向け:1220mmx1020mmx130mm

欧州向け:1200mmx800mmx130mm

※数ミリ程度の大小の誤差であれば問題ないそうです。

購入希望価格:程度により100円~200円/枚
※プラパレの場合は相談させて下さい。

紹介者・情報提供者に対するインセンティブ(謝礼):50円/枚
※成約、入金後のお支払いとなります。

備考:上記以外のサイズでも再利用の可能性があるのでご連絡ください。
成約した場合は上記、インセンティブをお支払いいたします。

 

連絡先:

エスコット 専任マッチング・コーディネーター 高野芳郎

ご連絡は携帯が便利です。⇒ 090-3498-4137

メール:y.takano@npo-escot.org

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++

NPOエスコット

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803

メール:info@npo-escot.org

環境技術系サイト:http://npo-escot.org

マッチング・サイト:http://gcm-sys.org

輸入捨てパレ

輸入パレット写真例:利用者が見つからなければ産廃処理されます。

2018年5月10日

NPOエスコット、専任マッチング・コーディネーターのご紹介です。

NPOエスコット、新規スタッフのご紹介です。

氏名:高野芳郎氏

略歴:輸入商社⇒船社⇒荷主系輸送企業

特技:オーディオ、ビデオ撮影および編集

エスコットでの役割:専任マッチング・コーディネーターとしてパレットからエネルギー・環境機器までの広範囲なマッチング業務

連絡先:090-3498-4137
y.takano@npo-escot.org

コメント:東京恵比寿在住で国際物流の知見が高いので地方の企業の業務支援等をプチ顧問契約ベースで行えます。

以上、高野氏を宜しくお願い致します。

NPOエスコット
理事長
藤本治生

2018年5月10日
› 続きを読む