川エビ養殖/shurimp cultivation



SCS(Shrimp Caltivation System)

ゼロ・エネ・ブラン・シュリンプ養殖キット研究開発



基本的には藻だけでも育ちます。



水処理装置





加温手段としての太陽熱コレクター

熱吸収率を上げる着色媒体

水槽(左)と保温後の水槽(右)






Q-01 研究開発の目的は?

 

1.海洋資源の枯渇  陸上養殖ニーズの増加

2.安全・安定した食料確保  家庭養殖の普及

3.政治、経済頼りのエネルギー・環境対策の限界  個人の意識・行動改革支援

 

 

Q-02 何故、川エビなのですか?

 

 1.高価な人口海水を必要としない。また、海水の陸上輸送を必要としない。

 2.まるごと食べるので栄養価が高く、効率が良い。

 3.野菜の水耕栽培とのコラボが可能。

Q-03 何故、ミナミヌマエビを選定したのですか?

 1.雑食で藻類、デトリタス等、何でも食べる。
   本研究では専ら米糠(ライス・ブラン)を餌とした与えている。

 2.素揚げにした際、テナガエビのように鋏が口内に刺さることが少ない。

 3.おとなしい性格で共食いせず、増やしやすい。

 4.閉鎖水域での養殖が可能で稚エビが海に帰る必要がない。(海水不要)

 5.卵からプランクトン(ゾエア)形態をとらず、稚エビとなる為、ポンプへの
   吸引リスクが少ない。

 6.低コストな為か本格養殖の実施例が殆どない。

Q-04
 ゼロエネ・ブラン・シュリンプの名称の意味は?

 1.水の循環には太陽電池とソーラーポンプを用います。

 2.水のろ過には木炭(竹墨)等のカーボン・ニュートラル微生物担体を用います。

 3.冬季の加温にはエスコットで開発した太陽熱回収器「ヒートル・パネル」を用います。

 4.餌には栄養価が高く、安全な日本産米糠を与えます。

 

Q-05 これまでに解ってきたポイントは?

 1.他の種と競合を避ける。(魚だけでなく水生昆虫等を含む)

 2.底面にはゼオライト等の多孔質材を入れ、水質の急変を緩和する。

 3.餌場を程よく隔離し、餌による水質汚染リスクを低減する。

 4.キンギョソウの様な食べやすく、同時に稚エビの生息場となる水草を多めに入れる。

Q-06
 現在の研究課題は?

 1.より大きくする為の研究

 2.水耕栽培とのシステム連携の研究 

 3.簡易温調システムの開発

 

専用濾過装置説明書

SCSプロジェクトに関するお問い合わせ

NPO法人 エスコット 柏環境研究所 
277-0011 千葉県柏市東上町4-17

tel:080-4365-0861 e.meil:ser.kashiwa@gmail.com



このエントリーをはてなブックマークに追加

活動

窓を強化・断熱するマド・ボルト試用モニター募集(125円)/セット,工場、事務所、倉庫、一般住宅の防災、省エネに!

NPOエスコットが開発したマド用ボルトのモニター募集のご案内です。

既設の窓ガラスの外側に後から着ける事で突風、強風で窓ガラスが割れるリスクを低減します。
※都内の通常ガラスの設計風圧力は約1,290N/m2で瞬間風速に換算すると48.0m/秒となります。
これまで東京で観測された最大瞬間風速は46.7m/秒との事です。
(出典:旭硝子様のHP)
洪水や地震同様、早急な対策が必要になるのではないでしょうか?

 

もちろん、ペアガラス以上の省エネ効果が期待できます。

施工では工場、倉庫、事務所での業務を止める必要はありません。

通常費用は91 x 91cmの程度の窓で中空ポリカを入れて約2千円程度です。( 窓ボルトは4セット使用で1,000円です。)

今回お試し価格125円/セット(税・送料別)で提供します。

但し、
※1社16セット(窓ガラス4枚分)までとさせて頂きます。
※試験施工後、設置した写真の送付をお願いしています。

詳細情報はこちら

窓用ボルトナットは日本の町工場で精密加工された特許取得済み製品です。

窓用ボルトナットは日本の町工場で精密加工された特許取得済み製品です。通常価格は250円/セット

衝撃分散形状

衝撃力を分散する形状となっています。 また、底面の凹みがシリコーン接着剤を適量保持します。

中空ポリカーボネート板とコラボすることで断熱性と窓の衝撃吸収性が得られます。

防弾ガラスと同じ素材である、中空ポリカーボネート板とコラボすることで断熱性と窓の保護、断熱性等が得られます。ポリカーボネートは難燃素材です。

    衝撃テストの動画です。

窓ボルトに地震用ジェル

衝撃吸収ジェルを窓の中心に入れた事例: 衝撃吸収と断熱空気層の確保が図られます。

窓への取り付け法

施工には水にも強い市販のバスボンドを使います。 乾くと2kgまでの重量を保持できます。

倉庫での使用例。UVカットで貨物を守ります。

倉庫での利用例、紫外線カットなのでカートン、紙袋が変色しません。

遮光フィルム

窓ボルト導入前の倉庫は遮光フィルムでUV対策を行っていました。 その結果、日中でも明かりを必要としました。また、フィルムは数年で劣化してしまうとの事。

会議室での使用例、断熱、防音機能

会議室での利用例:約16デシベルの防音効果もあります。

2018年2月6日

太陽熱温風送風用ファン

温風ファン

太陽熱温風パイプ用送風ファン(リード線3m付)

太陽電池駆動で太陽熱による温風を送ります。

2018年1月19日

ヘッドルームを改良しました。

ハンドフリーで寝たまま読書。

大きめの雑誌もハンドフリーで読むことが出来るようになりました。

角を丸く、ループファスナー使用に変更

角の部分の加工を丸く変更しました。また、ループ状の面ファスナーを使い布がひっかからない様になりました。

トッププレートの位置を可変にしました。

トッププレートの位置を動かせる構造にしました。これによりドーム内で新聞が読みやすくなると同時にマルチカバーの被服面積を増やすことが可能になります。

ワンタッチでロープをリリース

ロープをワンタッチで緩められる構造にしました。  

ロープフック

ロープフックを外すとドーム形状から平板になります。

2018年1月19日

ヘッドルームに視力改善写真を張ってみました。

寝ながら眺めるとリラックス効果と視力

ヘッドルームの外観

ヘッドルームの外観手前がLEDライト、天井部に視力回復写真が貼ってあります。 このモデルは中心から左右にずれたところにトッププレートが2枚貼ってあり、より大きな空間を提供しています。

上からの写真

ヘッドルームを上から見た写真です。

視力回復写真

天井に張ってある写真。滝を目で追う事で視力回復効果があるとの事。

2018年1月5日

ヘッドルームのキットでの普及準備完了!2,800円/セット

ヘッドルーム制作方法を詳しく記載しています。

キットでの製作マニュアル

ブックピンとLEDクリップライトで読書も可能に。

中での読書が可能となります。避難所など共同就寝が求められる際のプライバシーを確保します。

全体写真

布団幅に自由に調整できます。また、トッププレートでより大きな空間を確保できます。

ヘッドルーム内での手放し読書を可能にするブックピンです。

ヘッドルームの効果はアメニティー、省エネ、防疫・健康と多岐にわたります。

ヘッドルームは特許出願アイテムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年12月22日

「12月の人財交流マッチング会議のご案内」

「12月の人財交流マッチング会議のご案内」
持続可能な社会・環境システムの発展に資するヒト、モノ、コト、キャパのマッチングを推進する為、以下の12月ランチ交流会を実施致します。
ご出席頂ける方は自らの取り扱う製品、サービスのプチプレゼン(パンフレット、チラシの配布を含む)をお願いしています。

12月のランチ交流会概要↓
テーマ:「2017年、NPOエスコットの気候変動を遅らせる研究活動報告」

 

1.輸送分野での省エネ・省資源化活動
「CRU(コンテナ・ラウンド・ユース*1)推進活動」
CRU推進を目的とした佐野インランドポート開港支援
http://npo-escot.org/wp/wp-content/uploads/hpb-media/kitakanto.net170731.pdf

トラックのマッチングサイト「カラトラ」の構築支援
http://npo-escot.org/wp/wp-content/uploads/hpb-media/KARATORA1704031.pdf

lift360の物流分野での利用交渉(継続中)*2
https://www.life360.com/

*1:輸入で使われたコンテナを空で港に返すことなく、輸出や国内輸送に転用しCO2、排ガスの発生を抑える輸送形態。
*2:life360は子供の見守りアプリとしてグローバルに使われているが、エスコットでは物流分野でのアプリ活用法を考案した。
これが認められればGPS機能フルに活用した空トラック・マッチングサイトとなる。

2.      太陽熱利用での新たな展開
太陽光から「温水」+「川エビ」+「燃料用アルコール」の製造に関する最新報告
http://npo-escot.org/wp/wp-content/uploads/hpb-media/scs170921.pdf
http://npo-escot.org/wp/wp-content/uploads/hpb-media/htl.catalog170828.pdf

太陽光から温風を回収する「温風回収パイプ」の多様な展開に関する最新報告
http://npo-escot.org/?activity=%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e7%94%a8%e9%9b%86%e7%86%b1%e9%80%81%e9%a2%a8%e3%83%91%e3%82%a4%e3%83%97

3.省エネ・アメニティーに資する活動報告

コンパクト化プロジェクト最新報告:ヘッド・ルーム、デスク・ルームの改良報告
http://npo-escot.org/?page_id=2773

4.防災・減災(省エネ)に資する活動報告

異常気象による台風・突風対策としての窓用ボルト&ナットの改良報告
http://npo-escot.org/wp/wp-content/uploads/hpb-media/ib.catalog170828.pdf

日時:12月26日、13時00分~15時15分
※混雑を避ける為、
昼の時間帯をずらしてのランチ会議となります。

場所: ロオジ 大崎店 TEL:03-3491-0816
※バラエティーに富んだビュッフェスタイルのレストランです。

〒141-0032
東京都品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎ゲートシティプラザ B1F

アクセス、店舗情報:https://nilax.jp/brand/roujiosaki/store/246.html

参加費:2,000円 (資料・ランチ代として)
定員:20名程度
お申込み:定員に達し次第締め切らせて頂きます。
お申し込み方法:以下のフォームタイトルに「
人財交流ランチ参加希望」と
ご記入の上、送信願います。
フォーム:http://gcm-sys.org/?page_id=3025

 NPOエスコット事務局
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803
メール:
info@npo-escot.org
 HP:http://npo-escot.org
物流系マッチング・サイト:http://gcm-sys.org

2017年12月18日

睡眠時の省エネアイテム、ヘッドルーム利用モニター募集します。

ヘッド・ルームの構造

幅を自由に変えられ、本も手放しで読むことが出来るフレーム構造

LEDでの読書も可能

LEDライトが内部を明るく照らすと異次元の空間にいる錯覚に陥ります。

 

面ファスナーでの本の固定法

面ファスナーの採用で位置や角度も自在に変えられます。

ヘッド・ルーム利用時の温度変化グラフ

ヘッドルーム内は代謝熱により適温が保たれます。これにより部屋全体の暖房温度を下げる事が出来ます。また、呼吸からの湿度供給により肌やのどの乾燥を抑えられます。

利用方法

ヘッド・ルームをマットレスの上に置きます。

利用方法

牽引ロープの上に布団をかぶせます。

利用方法

季節や目的に応じたカバー(毛布、タオルケット、こたつカバー等)をかぶせます。

2017年11月28日

ソーラーエアーヒーター用集熱送風パイプ

太陽熱から温風を回収します。

集熱パイプ(右上部)、送風ファン(左上)、集熱部(右下) 集熱部は通常中空ポリカを想定していますが、金属製のトタン等で挑戦するのも面白いかもしれません。

太陽熱温風回収パイプと送風ファン。

集熱パイプと送風用ファン(写真手前)です。 送風用ファンは外径60mmの丸型縦ドイ管と連結できますが、購入時にはファンを持参し確認して下さい。 ファンの上には防水ジョイントがついています。 太陽電池のリード線はジョイントの下部から入れてネジ止めしてください。この際、プラスマイナスを間違えないようにしてください。赤のリード線がプラス、黒がマイナスです。

温風回収グラフ

熱回収状況を示すグラフです。 天候と設置場所によっては外気温プラス30度近い温風を得ることが出来ます。

集熱事例1

集熱パイプを下に設置した事例です。 上部からの雨水の侵入を防ぐためこの字のパイプを付けました。

集熱用の壁アナ

温風を屋内に引き込むため直径60mmの穴をあけました。

蓄熱設計

蓄熱用レンガ。日中は熱容量の大きい物体を温めるよう設計しました。

ソーラーエアーヒーター側面図

中空ポリカだけを集熱パイプ内に入れ、背面の黒色プラダンの断面はパイプ外にします。 その理由はプラダンから発生する匂いを回収しない為です。

2017年11月13日

「11月の人財交流マッチング会議のご案内」

持続可能な社会・環境システムの発展に資するヒト、モノ、コト、キャパのマッチングを推進する為、以下の11月ランチ交流会を実施致します。

(ご出席頂ける方は自社製品、サービスの紹介(パンフレット、チラシの配布を含む)プチ・プレゼンをお願いしています。)

 

ランチ交流会概要↓

テーマ:「 曙ブレーキ工業が採用・承認した断熱塗料<断熱材CCS100>について」 ゲスト:㈱APT、小林勝美様 略歴:

2009年 曙ブレーキ工業㈱ 早期希望退職

2011年 ㈱APT 顧問・外部監査役

2015年 ㈱APT 常勤監査役

2015年 ㈱ホクヨウ 顧問

曙ブレーキ在職中は、生産管理、営業、調達、総務、安全・環境などの業務に従事

+++++++++++++++++

「NPOエスコットの研究活動報告」

1.開発製品紹介:DIYで太陽熱温風回収と夏場の排熱が行える「ヒートル・エアー」

2.コンパクト化プロジェクト:エネルギー利用空間の適正化によるゼロ・エネデスク

3.川エビ養殖キットの最新研究報告

 

日時:11月29日、13時15分~15時15分、人財交流ランチ会議

※混雑を避ける為、昼の時間帯をずらしてのランチ会議となります。

場所: ロオジ 大崎店 TEL:03-3491-0816

※バラエティーに富んだビュッフェスタイルのレストランです。

〒141-0032

東京都品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎ゲートシティプラザ B1F

アクセス、店舗情報:https://nilax.jp/brand/roujiosaki/store/246.html

参加費:2,000円 (資料・ランチ代として)

 

お申し込みには参加を希望する活動内容を銘記の上、以下のフォームからお願いします。

各種受信専用ページ

 

 

NPOエスコット事務局

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803

メール:info@npo-escot.org

HP:http://npo-escot.org

物流系マッチング・サイト:http://gcm-sys.org

2017年11月10日

太陽熱温風器開発実験

太陽熱温風回収実験

太陽熱温風器外観、サイズ1760x910mm 温度センサー設置位置写真下

ファン駆動用太陽電池、10w

中央の角形継ぎ手部分に12v、0.4Aのファンが内臓

吸気部の温度は22.2℃

屋内排気部の温度は53.7℃、風量約30m3/hr(風速約3.1m)

10月26日の晴れの日で集熱の状況です。日当たりのあまり良い所ではないのですが、12時~15時までの約3時間の間50℃以上の温風が回収できました。この間の回収カロリーは風量と加熱温度から計算して約80cal/secでした。

2017年10月30日

太陽熱温風パネル試作4号

太陽熱温風パネル

太陽電池、送風ファン、集熱パイプ、集熱パネルで構成

太陽熱温風パネル送風部

送風ファンと集熱構造

太陽熱温風パネル

送風管と上部の固定部

 

2017年10月23日

ソーラー駆動の太陽熱回収用送風ファン試験販売開始

温風回収用のファンです。

60mm角を加工、防水しました。

継手は丸x丸、角x角、丸x角と指定可能です。

価格は2,800円(税、送料別)

丸と角の両方の接続が可能です。 超寿命のUVカット部材を試用しています。 ファンの耐久時間は4万時間と長く東京の日射料(約j2,000時間/年)から計算すると約20年利用できる計算になります。

丸側接続部

角側接続部

2017年10月11日

太陽熱温水器集熱試験

全体の設置状況、送風機は左下にあり外径60mmの縦ドイ管を経由し屋外に入ります。

屋内に送られる際の空気温度は47℃で、その際の風量は1.4m3/分、日射強度は約640w/m2

室温は約24℃でした。

写真右下が送風口、右下は室内温度測定位置。 約23℃温風を回収したことになります。

2017年10月10日

「10月の人財交流マッチング会議のご案内」

 

テーマ:

「気候変動・労働環境改善に資する次世代システムを目指す佐野インランド・ポート」意見交換会(本年11月9日、開港予定)

 

ゲスト・スピーカー:

佐野インランド・ポート運港部長 吉田運送㈱、佐々木悠 様

 

内容:

1.利用に関する各種質問(予想環境効果、コスト、新規運港システム等)への受け答え

2.具体的なご提案・企画の受付

3.その他、自由な疑問や不安への対応

 

日時:

10月24日(火曜)、13:15~15:15

 

場所: ロオジ 大崎店 TEL:03-3491-0816

※バラエティーに富んだビュッフェスタイルのレストランです。

〒141-0032

東京都品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎ゲートシティプラザ B1F

アクセス、店舗情報:https://nilax.jp/brand/roujiosaki/store/246.html

 

参加費:2,000円 (資料・ランチ代として)

 

定員:20名程度

 

お申込み:定員に達し次第締め切らせて頂きます。

 

お申し込み方法:以下のフォームタイトルに「人財交流ランチ会議参加希望」と

ご記入の上、通信欄に参加希望日をご記入頂き送信願います。

 

*お申し込みフォーム → http://gcm-sys.org/?page_id=3025

 

 

NPOエスコット事務局

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803

メール:info@npo-escot.org

HP:http://npo-escot.org

マッチング支援サイト:http://gcm-sys.org

2017年10月4日

太陽熱温風器改定版、性能試験開始

今回は一体型モデルの設置まで行いました。 約1週間、環境下に置き、空運転をすることにより樹脂臭を大幅に提言することが出来ます。

2017年10月3日

ゼロ・エネ川エビ養殖実験池と川エビ料理

川エビの餌

川エビの餌となるキンギョソウ 栽培池では増えすぎて問題になるほどです。

ソーラーろ過器

太陽電池でろ過器を駆動。このろ過器には温水の熱交換機能付です。

川エビ料理(スアゲ)

川エビ料理、料理の世界では川エビとはテナガ・エビを含む約9種類の淡水エビを指し、種類の特定はされていません。

2017年9月11日

9月21日の交流会、題目「クモ糸の発酵生産から紡糸まで-人工クモ糸繊維を目指したスパイバーの挑戦-」

9月の人財交流マッチング・ランチのご案内

持続可能な社会・環境システムの発展に資するヒト、モノ、コト、キャパのマッチングを推進する為、以下の交流会を実施致します。

ご出席頂ける方は製品、サービスの紹介(パンフレット、チラシの配布を含む)プチ・プレゼンをお願いしています。

 

交流会概要↓

 

===========

1)ゲスト:横尾義春 様

元協和発酵工業 筑波研究所長

スパイバー㈱、技術顧問

独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所 イノベーション・コーディネーター

 

題名「クモ糸の発酵生産から紡糸まで-人工クモ糸繊維を目指したスパイバーの挑戦-」

同社HP:https://www.spiber.jp/

ウィキペデァア: Spiber(スパイバー)は、山形県鶴岡市に本社を置く、世界初の合成クモ糸繊維「QMONOS」の量産化に成功したことで有名な繊維企業である。

2)      参加者の自己紹介、プチプレゼン

3)      NPOエスコットの最新活動報告 太陽エネルギーの陸上養殖分野での応用研究

概要紹介⇒http://npo-escot.org

日時:

2017年9月21日(木曜日) 13:15~15:15

※混雑を避ける為、昼の時間帯をずらしてのランチ会議となります。

場所: ロオジ 大崎店 個室利用 TEL:03-3491-0816

※バラエティーに富んだビュッフェスタイルのレストランです。


 

 

 

 

 

 

 

〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎ゲートシティプラザ B1F

アクセス、店舗情報:https://nilax.jp/brand/roujiosaki/store/246.html

参加費:2,000円 (資料・ランチ代として)

定員:20名程度

お申込み:定員に達し次第締め切らせて頂きます。

お申し込み方法:以下のフォームタイトルに「人財交流ランチ参加希望」と ご記入の上、通信欄に参加希望日をご記入頂き送信願います。

*お申し込みフォーム → http://gcm-sys.org/?page_id=3025

NPOエスコット事務局

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803
メール:info@npo-escot.org
NPOエスコットHP:http://npo-escot.org
マッチング支援サイト:http://gcm-sys.org

 

2017年9月1日

ヒアリ上陸の可能性と効果的な防除法について。NPOエスコット

海外からのコンテナを用いた輸入に於いて、港で陸揚げされたコンテナ貨物はそのまま内陸部(近距離、遠距離共通)に運ばれコンテナから取されます。

この場合のヒアリ発見と防除の可能性について考えて見ます。

  1. 輸入した製品にヒアリがついている場合。

    ①ヨシズ、竹箒の様に形状が複雑な製品についているヒアリの発見は困難。
    ②パレット上にカートンが重り、ラップ固定されている輸入貨物では発見は困難。
    ③木製パレットなどにいるヒアリの発見は非常に難しい。

  2. 貨物取り出し地に於いて、製品についていない状体でコンテナ内部にヒアリが残っている場合。

    ①貨物を取り出すためにコンテナのドアを開けたとたん飛び出す可能性はゼロではない。
    ②夜間の取り出しなどでは小さめで黒っぽいヒアリの目視での発見は難しい。
    ③検査に時間を掛ける過ぎるとドライバーを待たせる事となり、労働時間上の問題を生じる可能性あり。
    ④殺虫剤散布の場合、作業者の健康被害の可能性がある。

  3. 貨物取り出し後、港に返却される空コンテナの内部にヒアリが残っている場合。
    ①港、港周辺で発見・防除される。
    ②コンテナ返却場所は船が着岸する港でない場合はそれらの施設にて発見・防除される。
    しかし、その場合、前項2の状況と類似の場合もある。
    例:
    ①空バンプール(空コンテナ返却専用地)
    ②内陸デポ
    ③別の輸出者(コンテナ継続使用の場合)
    ④その他の施設(修理、検査等の場合)

以上より、 1,2ならびに3の②ケースに対応する為には輸送経路途中での防除が最も合理的かつ効果的であると考えられる。
考えられる経路途中での防除法として以下の様なベイト剤を推奨しています。


 

 

 

2017年9月1日
› 続きを読む