太陽熱温風回収/ hot air collector

太陽熱から温風を回収します。

最新カタログは こちら

中空ポリカを取りつけられる集熱パイプと送風用ファン&太陽電池から構成されています。

黒いトタン板を日射に晒すと表面の温度が上昇します。
同様に中空のポリカーボネート板も陽に当てると内部の空気が暖められます。
これまで、この様な温風を効率よく回収・移動・送風する安価なアイテムがありませんでした。
ヒートルエアーは(太陽熱)温風の回収・利用の為の熱回収管(ヒート・コレクターパイプ)です。




主な特徴は

1.太陽電池と直結で駆動するので送風用電源や温度調節システムが不要です。
  ⇒ 日が当たると共に熱回収を始め、日没時間帯や雨天の日には停止します。

2.パソコン用ファンを加工利用しているので安価・省電力・長寿命(4万時間)です。
  ⇒ 小型でパワーのあるブラシレスPCファンを加工して利用しています。

3.中空ポリカ以外の集熱パネルを組み込む事も出来ます。(ご相談ください。)
  ⇒ 金属トタン、その他

4.縦トイ管を利用する事で建物とほぼ同程度の耐候性(紫外線)と強度を確保しました。

5.色々な現場、照明、機械器具から発生する低温熱の回収・移動・活用にご利用頂けます。(ご相談ください

。)
  
  
利用例-1:ハウス天井付近に溜まる暖気活用
        ハウスの上部に溜まる熱い空気を広範囲に回収・利用できます。
        吊るすだけで設置でき、太陽電池で動かすことで電源とシステム不要です。
        喚起により失われる2酸化炭素を減らす事が出来ます。
  
  利用例-2:看板・照明付近に溜まる低温熱を回収・活用できます。

  利用例-3:各種機械からの低温熱を回収・活用できます。
  
  利用例-4:温廃水から低温熱を回収・活用できます。


集熱パネルとの固定方法

1.ヒートルエアーの開口部に中空ポリカーボネート板(4.5mm厚)を差し込みます。
  パイプ内部のネジ突起部に当たるまで差し込みます。


2.ボルトを通す穴を開けます。
  ボルト、ワッシャーを通し、反対側からナットで締めて固定します。
  アイスピック等でもネジ穴を開けることが出来ます。


3.集熱パイプを下にして、壁に取り付けます。



4.接合部にシリコーンで防水処理を行います。



5.太陽電池とファンを繋ぎます。



取付け詳細は こちら

受光部:
1.中空ポリカーボネート板、1820x910x4.5mm、色:ブラウン
2.裏面断熱材、プラスティック段ボール、1820x910x4mm、色:黒

集熱部:
1.集熱管、1060x60x60mm、色:黒
2.キャップx1
3.送風用ファンx1、防滴端子ケースつき
4.ジョイントパイプ、φ60パイプ、長さ50mmx1

電源部:
1.太陽電池、DC12V、5W
2.防滴ジョイント付

夏は排気に利用出来ます。送風用ファンの向きを変える事で夏は屋内の熱の排気に利用できます。

南側壁面への取付事例

屋内へ取り込む為の90°エルボー

屋内側では床の煉瓦に蓄熱

角型縦樋管を改良した集熱パイプの外観

集熱パイプ長さは3mまで伸ばせます。
その場合、パワーのある送風用ファンを利用します。

左上に太陽電池を取り付けた一体型も可能です。

送風用ファンは防水ジョイントに入っています。
ここからのリード線を太陽電池とつなぐ事で日射強度とシンクロしたした運転を開始します。

全体のシステムと価格です。
1.ヒートルエアー:12,800円(税・送料別) 集熱パイプ+送風用ファン+太陽電池DC12V、5W
2.送風用ファン(交換または追加用):2,800円(税・送料別)

※集熱パネル用中空ポリカ(ツインカーボ、4.5mm厚、色ブラウン)、背面用プラスティック段ボール(黒色)
 は送料が高いのではお近くのホームセンターでご購入願います。

背面から熱が逃げるのを防ぐ為、プラスティック段ボールの利用を推奨しています。
この際、プラスティック段ボールからの温風を取り込むと樹脂臭がするのでプラダン断面は集熱パイプに入れない様にして下さい。

外気温:紫色線、回収温風温度:黄色線
パネルの中で25℃~30℃程度加熱されます。

2017年1030~1113日までの2週間の集熱グラフです。

試験場所:NPO ESCOT 柏環境研究所  千葉県柏市東上町4-17

設置方法:壁面へのネジ止めによる垂直設置

パネル枚数:1枚、約1.6m2

接地角度:方位 南西

       対地角度90度

受光可能時間:約4時間(周辺建造物による遮光の為)

ファン駆動電源:12W太陽電池直結


お問合わせ:
info@npo-escot.org
tel:080-4365-0861


このエントリーをはてなブックマークに追加

活動

滋賀県大津市、Y氏邸でのヒートルパネル設置事例報告

ヒートル・パネル設置事例:滋賀県大津市、Y氏邸

全体写真:ガルバニューム鋼板の屋根上に2枚のヒートルパネルを設置。 ヒートルパネルの熱回収効率を高める為、受光面に4mm厚のハモニカーボを追加。 太陽電池はシリコーンで直付。

 

 

 

 

 

 

 

浴室状況:窓枠の無垢板を通してホースを引き込み。

 

 

 

浴槽につけた熱交換器:目隠しした24時間風呂だと汚れが可視化される。 フレキ管の結束にはφ2.6mmの銅線を使い雑菌(レジオネラ等含む)の繁殖対策とした。

ホース固定:屋根の上でホースが暴れないように金具にもたせる。

太陽電池:上下にL型アングルをネジ止めし、屋根の鋼板に接着

ヒートルパネル固定:縦方向にL型アングル、横方向に3本の四角アングルで架台を作り、4本のステンレス製番線で固定。

循環水用タンク:左右のL型アングルに金具をつけ、サドルバンドのT足を固定。

2018年9月6日

DIY川エビ養殖に関する研究開発

2018,9,3 yuotubeにアップした動画です。

エサとして与えている米糠です。

 

 

 

 

 

米糠を散布直後、この後、少しづつ沈降します。

 

 

 

 

 

全体写真、200リットルタンク、60リットル、50リットルの3つのタンクで養殖中

 

 

 

 

 

 

 

ポンプを動かす太陽電池6v

タンクの中の川エビ

2018年9月3日

NPO ESCOT気候変動減速プログラム作成

エスコットではこれまでに蓄積した技術、知見、ノウハウ、ネットワークをフル活用し、気候変動を減速させるプログラムを作成、資料室にアップしました。

資料室:http://npo-escot.org/?page_id=2218

 

2018年8月8日

8月より毎月第2、第4、火曜日にNPO会員間のネット・ワークミーティングを行います。

8月より毎月第2、第4、火曜日にNPO会員間のネット・ワークミーティングを行います。

目的は会員間のアイディア交流と会員への活動報告です。
ご都合が付くようでした是非、お越し下さい。

初回の詳細は以下の様になります。

①アイディア交流:夢のある企画お持ち下さい。

②エスコット活動報告:

*木製梱包材リユース活動報告
*睡眠時の省エネ対策(夏季バージョン)
*太陽熱利用分野での各種実験と実績報告
*その他

参加資格:
NPOエスコットの会員とその知人
※参加者多数の場合は会員のみとさせて頂きます。

8月の実施日時:

8月14日(火曜)10時15分~11時45分
8月28日(火曜)10時15分~11時45分

場所:
丸の内3x3lab future
http://www.33lab-future.jp/

定員:10名
お申込み:定員に達し次第締め切らせて頂きます。

お申し込み方法:以下のフォームタイトルに「ネット・ワークミーティング参加希望」と
ご記入の上、通信欄に参加希望日をご記入頂き送信願います。

*お申し込みフォーム
→ http://gcm-sys.org/?page_id=3025

NPOエスコット事務局

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803
メール:info@npo-escot.org
 HP:http://npo-escot.org
マッチング支援サイト:http://gcm-sys.org

2018年8月6日

研究・学習用のポータブル太陽熱コレクター(1/4サイズ・ヒートルパネル)の販売開始!

光熱変換は光電変換の2倍以上であるにもかかわらず、太陽熱利用の用途開発が進んでいません。

そこで、使いやすい小型ソーラーコレクターの製造販売を始めました。

学校、研究機関等での利用を想定しています。

==========

パネルスペック:

サイズ:910x45x12mm

重さ:約15kg

パネル内の保水水量:約1.5リットル

回収熱量:約200サーマル・ワット

付属品:太陽電池、ポンプ(ゴミ取りメッシュつき)、継ぎ手金具(ホースは含まれません)

製造概念:温水を媒体として簡単利用

問い合わせ:080-4365-0861 info@npo-escot.org

 

エスコットでは現在ボウフラを太陽熱で処理し、可野発生を押さえる研究を行っています。

 

 

2018年7月12日

輸入新古パレットの再利用先を募集中です。

木製ワンウェー・パレットの再利用推進サイト⇒こちら

 

ISPMのマークの入った輸入ワンウェーパレットは輸出でも再利用できます。
プラット・フォームへのパレット情報提供をお願いします。

メール:m-team@gcm-sys.org

植物検疫措置に関する国際基準 ISPM No.15の国際貿易に於ける木材梱包材の規制(2009)です。

規制書
4.3.1 木材梱包材の再利用⇒この基準に従って処理及びマークされた木材梱包材であって、修理、再製造あるいはその他の変更がなされていないものは、その試用期間を通じて再処理またはマークの再適用を必要としない。

ISPM 15のマーク例

取り決めを行う国際機関 IPPM

2018年7月12日

7月18日(水曜)人財交流ランチ会議、参加者募集

持続可能な社会・環境システムの発展に資するヒト、モノ、コト、キャパのマッチングを推進する為、7月の人財交流ランチ会議を実施致します。
ご出席頂ける方は自らの取り扱う製品、サービスのプチプレゼン(パンフレット、チラシの配布を含む)をお願いしています。
_____________________
日時:7月18日(水曜)、13時00分~15時15分
※混雑を避ける為、昼の時間帯をずらしてのランチ会議となります。

場所: ロオジ 大崎店 TEL:03-3491-0816
※バラエティーに富んだビュッフェスタイルのレストランです。

〒141-0032
東京都品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎ゲートシティプラザ B1F

アクセス、店舗情報:https://nilax.jp/brand/roujiosaki/store/246.html

参加費:2,000円/人
定員:25名程度
お申込み:定員に達し次第締め切らせて頂きます。
お申し込み方法:以下のフォームタイトルに「人財交流ランチ会議参加希望」と
ご記入の上、以下のフォームより送信願います。
お申し込みフォーム:http://gcm-sys.org/?page_id=3025

NPOエスコット
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803
メール:info@npo-escot.org
環境技術系サイト:http://npo-escot.org
マッチング・サイト:http://gcm-sys.org

2018年7月5日

木製パレット・リユース提案、森林資源保護とCO2固定維持

現在、以下の5タイプの木製リユース・パレットの在庫がございます。

CO2の長期固定と森林資源保護につながるリパレ利用にご理解とご協力をお願い申し上げますす。

☆リパレ在庫概要─────────────────────

以下、5タイプございます。
写真は3ケタの番号にてURL経由で確認頂けます。

シェア&リユース

① 010
1000x1000x80mm,栃木県佐野周辺、熱処理済み、約180枚

② 009
1000x1000x130mm,栃木県佐野周辺、熱処理済み、約180枚

③ 006
1100x1100x105mm、栃木県岩船市、約300/枚、輸出不可

④ 005
1100x1100x125mm、埼玉県久喜市、約50枚、熱処理済

⑤ 001
980x1100x110mm、栃木県宇都宮市、約200枚、合板製

☆☆☆以下の2タイプのパレットの購入希望者がいます。
情報をお持ちの方はご連絡願います。

パレットサイズ:

北米向け:1220mmx1020mmx130mm

欧州向け:1200mmx800mmx130mm

※数ミリ程度の大小の誤差であれば問題ないそうです。

購入希望価格:程度により100円~300円/枚

紹介者・情報提供者に対する謝礼:50円/枚

備考:上記以外のサイズでも再利用の可能性があるのでご連絡ください。

□─────────────────────

以下のフォームまたはメールよりご連絡願います。

各種受信専用ページ

マッチング推進チーム:高野まで

携帯:090-3498-4137

メール:m-team@gcm-sys.org

◆◆◆◆

NPOエスコット

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803

メール:info@npo-escot.org

環境技術系サイト:http://npo-escot.org

マッチング・サイト:http://gcm-sys.org

2018年7月5日

森林資源保護案件、中古木製パレットのご提供者を募集しています。

NPOエスコットの専任のマッチング・コーディネーターの高野です。

この度、環境意識の高い企業様より北米および欧州向け輸出で中古木製パレットを使用したいので探してほしいとの依頼を受けました。

現在、輸入の増加により、まだまだ使える木製パレットが大量に捨てられています。

森林資源とそこに住む動植物保護の観点からも重要な仕事であると考えています。

つきましては、皆様からのご連絡をお待ちしています。

※尚、マッチングには紹介者様へのインセンティブ(謝礼)がございます。

問合わせ概要
□─────────────────────

今回、探しているアイテム:輸入で国内に持ち込まれたワンウェーパレット

現在の向け地:北米、欧州

利用枚数:約300枚/月

最低輸送枚数:100枚

納入先:東京大井地区、倉庫
※排出元からの直接輸送希望

パレットサイズ:

北米向け:1220mmx1020mmx130mm

欧州向け:1200mmx800mmx130mm

※数ミリ程度の大小の誤差であれば問題ないそうです。

購入希望価格:程度により100円~200円/枚
※プラパレの場合は相談させて下さい。

紹介者・情報提供者に対するインセンティブ(謝礼):50円/枚
※成約、入金後のお支払いとなります。

備考:上記以外のサイズでも再利用の可能性があるのでご連絡ください。
成約した場合は上記、インセンティブをお支払いいたします。

 

連絡先:

エスコット 専任マッチング・コーディネーター 高野芳郎

ご連絡は携帯が便利です。⇒ 090-3498-4137

メール:y.takano@npo-escot.org

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++

NPOエスコット

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803

メール:info@npo-escot.org

環境技術系サイト:http://npo-escot.org

マッチング・サイト:http://gcm-sys.org

輸入捨てパレ

輸入パレット写真例:利用者が見つからなければ産廃処理されます。

2018年5月10日

NPOエスコット、専任マッチング・コーディネーターのご紹介です。

NPOエスコット、新規スタッフのご紹介です。

氏名:高野芳郎氏

略歴:輸入商社⇒船社⇒荷主系輸送企業

特技:オーディオ、ビデオ撮影および編集

エスコットでの役割:専任マッチング・コーディネーターとしてパレットからエネルギー・環境機器までの広範囲なマッチング業務

連絡先:090-3498-4137
y.takano@npo-escot.org

コメント:東京恵比寿在住で国際物流の知見が高いので地方の企業の業務支援等をプチ顧問契約ベースで行えます。

以上、高野氏を宜しくお願い致します。

NPOエスコット
理事長
藤本治生

2018年5月10日

3x3ラボでの意見・情報交換会のご案内、5月22(火曜),24(木曜)

以下の<意見・情報交換会>を実施いたします。

テーマは経済・輸送・マーケティング・環境・エネルギー・食料等々と自由です。
参加者が自由に意見・情報を出し合い閃きを得るイノベイティブな“場”となる事を期待します。

===========

日時:

第1回 2018年5月22日(火曜日) 10:30~13:15

第2回 2018年5月24日(木曜日) 10:30~13:15

※12時からはホテル東京に移動してのNPO活動支援ランチとなります。

会議場所: 丸の内3x3lab future”
http://www.33lab-future.jp/

懇親会:kkrホテル東京
http://www.kkr.or.jp/hotel/

参加費:2,000円 (資料・企画・運営費として)

定員:10名

お申込み:定員に達し次第締め切らせて頂きます。

お申し込み方法:以下のフォームタイトルに「意見・情報交換会参加希望」と
ご記入の上、通信欄に参加希望日をご記入頂き送信願います。

*お申し込みフォーム → http://gcm-sys.org/?page_id=3025

NPOエスコット事務局
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803
メール:info@npo-escot.org
HP:http://npo-escot.org
マッチング支援サイト:http://gcm-sys.org

2018年5月10日

ソーラー換気システム(梅雨の時期対応)!!!

初夏から秋にかけて利用できる換気システムです。

太陽の力で屋内の湿った空気を自動で排気します。

冬季はファンを吸引にしてソーラー集熱器として機能します。

パソコン用ファンを利用しているので長寿命です。

ソーラー集熱兼排気パネル1820x910、太陽電池12W、ブラシレス・ファンで構成され、日射強度と同期してON/OFFします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

継ぎ手一体型送風ファンの上部の防水端子ケース

 

 

 

 

排気はパネル上部から行います。 換気に掛かるエネルギーはファンと暖められた空気です。

室内側の吸引部では滞留している湿気を勢い良く吸いだします。

 

2018年4月24日

ワンコイン(100円/月)でのパレット・シェアリング・サービス(PSS)実証試験開始、輸送分野での資源循環を目指す。

マッチングプラット・フォームであるグローバル・キャパシティー・マッチング(GCMサイト)を運営するNPOエスコットと会員の<U-パレット>は輸入パレットによるパレット・シェアリング・サービス(PSS)の実証試験を開始する。

製品輸入に伴い大量に国内に持ち込まれる外国製パレットは国内のサイズとは微妙に異なり、供給が不安定であるという理由から廃棄される場合が多い。
また、中には違法伐採木材由来のパレットもある。

一般に食品等の輸入で用いられるパレットは品質が良く、再販形態でのリユースが行われていた。しかし、販売の場合、1回以上の再利用は望めなかった。

そこで、ある程度以上の基準を満たす良質輸入パレットの借用するシェアリングという考えに至った。

購入コストと廃棄コストを抑え、資源循環とその先の森林資源保全につながるビジネスモデルとしての発展を目指す。

ワンコイン(100円/月)のPSSモデル第1号

===============

PSS-01:木製 1080×1100x155mm

用途履歴:飲料の輸入で欧州からの輸入品で用いられました。
構成:木製
形状:片面・四方差
外寸:1080×1100×155㎜
上板:1080×145×20 2枚(両端)
1080×115×20 6枚(中)
上桟:1100× 85×20 3枚
コマ:95× 95×95H 3コ
:95×145×95H 6コ
下板:日の字× 巾85 × 厚20

写真:


 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

お申込み*

グローバル・キャパシティーマッチング運営事務局(NPOエスコット内)

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803

電話:03-5429-6370 ファックス:04-7166-4128

メール:info@gcm-sys.org

 

 

2018年3月13日

環境ビジネス総合研究所のビジネスマッチング会でプレゼン、3/15

環境ビジネス総合研究所からの発信メールです。
ご参加できる方は直接、同団体に。

==============

毎回様々な環境企業様と出会い、ビジネス交流が持てる
3月度環境ビジネスマッチング会(交流会)のプレゼンテーターが
決まりましたのでお知らせ致します。

NPO法人エスコット 理事長 藤本治生氏です。http://npo-escot.org
テーマ「気候変動期の減災対策」グローバルな温暖化対策が手遅れとなった時・・・

1.求められる強風対策:既設窓の強化技術
風速48m/secが窓の耐風圧限界、これまでの首都圏の最大瞬間風速は46.7m/sec・・・

2.求められる革新的食糧供給手段:湖上農法、ゼロ・エネでのエビ養殖技術
富栄養化湖沼の窒素、リンで野菜栽培。エサなしでも増殖する特定川エビ・・・

3.求められる国際物流形態:
内陸ポートと南北貿易、空コンテナの多目的ユース

4.生態系インフラの開発企画:
CO2固定し、食糧生産が可能な特定樹木を用いた「海の森計画」

とても興味深く盛りだくさんな内容ですね。
皆さま是非お越し下さいませ。宜しくお願いします。

【 環境ビジネスマッチングランチ会 】

【日時】2018年3月15日(木)
マッチング会 12:00~14:00 (受付開始 11時45分より)

【会場】「北海道」赤坂見附店
https://r.gnavi.co.jp/g086256/
東京都港区赤坂3-10-4 赤坂月世界ビル3F
東京メトロ(丸の内線、銀座線) 赤坂見附駅 徒歩3分

【会費】会員1,000円・非会員1,200円(食事代含む)

【お申込み】事務局の岩松へ
社名、氏名、ご連絡先、簡単なPR文を明記の上、お申込み下さい。
岩松 iwamatsu-eco@urban-system.co.jp

【締切】2018年3月13日(火)まで

※お食事内容は焼魚定食です。
アレルギーや好みで別メニューをご希望される方はご相談下さい。
おかず内容を変更致します。

※当日はプチプレゼンタイムを設けております。
資料等配布物がある方は是非ご持参下さい。

皆様お誘いあわせの上、ご参加下さいませ。
何卒、宜しくお願い申し上げます。

***********************

環境ビジネス総合研究所
事務局長   岩松 美千子

〒107-0051
東京都港区元赤坂1-6-2 安全ビルレジデンス2004
Tel : 03(3405)7010 fax : 03(3405)7020
URL http://www.ebri.jp/
E-mail iwamatsu-eco@urban-system.co.jp

アーバンシステム株式会社
URL
http://www.urban-system.co.jp

***********************

2018年3月13日

「3月の人財交流マッチング会議のご案内」3月20日

持続可能な社会・環境システムの発展に資するヒト、モノ、コト、キャパのマッチングを推進する為、以下の3月ランチ交流会を実施致します。

ご出席頂ける方は自らの取り扱う製品、サービスのプチプレゼン(パンフレット、チラシの配布を含む)をお願いしています。

 

3月のランチ交流会概要↓

 

ゲストスピーカー:芳賀裕様

株式会社NTS 常務(電気産業の排ガス処理装置の開発・製造・販売・メンテ)

南房総エネライフ(再生可能エネルギィー開発と設置会社相談役)

大井里山保全協議会・同有害獣対策保全協議会

自主防災組織「かわせみ」の事務局

南房総市子供会理事・福島に心を寄せる房総の会責任者等

 

テーマ:

①   株式会社NTSの排ガス処理装置の特徴と課題

②   市民エネルギー活動と課題

③   地方創生活動(think globally act locally)について

 

日時:3月20日(火曜)、13時00分~15時15分

※混雑を避ける為、昼の時間帯をずらしてのランチ会議となります。

 

場所: ロオジ 大崎店 TEL:03-3491-0816

※バラエティーに富んだビュッフェスタイルのレストランです。

 

〒141-0032

東京都品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎ゲートシティプラザ B1F

 

アクセス、店舗情報:https://nilax.jp/brand/roujiosaki/store/246.html

 

参加費:2,000円 (資料・ランチ代として)

定員:20名程度

お申込み:定員に達し次第締め切らせて頂きます。

お申し込み方法:以下のフォームタイトルに「人財交流ランチ参加希望」と

ご記入の上、送信願います。

フォーム:http://gcm-sys.org/?page_id=3025

 

 

 

NPOエスコット事務局

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803

メール:info@npo-escot.org

HP:http://npo-escot.org

物流系マッチング・サイト:http://gcm-sys.org

2018年3月7日

窓を強化・断熱するマド・ボルト試用モニター募集(125円)/セット,工場、事務所、倉庫、一般住宅の防災、省エネに!

NPOエスコットが開発したマド用ボルトのモニター募集のご案内です。

既設の窓ガラスの外側に後から着ける事で突風、強風で窓ガラスが割れるリスクを低減します。
※都内の通常ガラスの設計風圧力は約1,290N/m2で瞬間風速に換算すると48.0m/秒となります。
これまで東京で観測された最大瞬間風速は46.7m/秒との事です。
(出典:旭硝子様のHP)
洪水や地震同様、早急な対策が必要になるのではないでしょうか?

 

もちろん、ペアガラス以上の省エネ効果が期待できます。

施工では工場、倉庫、事務所での業務を止める必要はありません。

通常費用は91 x 91cmの程度の窓で中空ポリカを入れて約2千円程度です。( 窓ボルトは4セット使用で1,000円です。)

今回お試し価格125円/セット(税・送料別)で提供します。

但し、
※1社16セット(窓ガラス4枚分)までとさせて頂きます。
※試験施工後、設置した写真の送付をお願いしています。

詳細情報はこちら

窓用ボルトナットは日本の町工場で精密加工された特許取得済み製品です。

窓用ボルトナットは日本の町工場で精密加工された特許取得済み製品です。通常価格は250円/セット

衝撃分散形状

衝撃力を分散する形状となっています。 また、底面の凹みがシリコーン接着剤を適量保持します。

中空ポリカーボネート板とコラボすることで断熱性と窓の衝撃吸収性が得られます。

防弾ガラスと同じ素材である、中空ポリカーボネート板とコラボすることで断熱性と窓の保護、断熱性等が得られます。ポリカーボネートは難燃素材です。

    衝撃テストの動画です。

窓ボルトに地震用ジェル

衝撃吸収ジェルを窓の中心に入れた事例: 衝撃吸収と断熱空気層の確保が図られます。

窓への取り付け法

施工には水にも強い市販のバスボンドを使います。 乾くと2kgまでの重量を保持できます。

倉庫での使用例。UVカットで貨物を守ります。

倉庫での利用例、紫外線カットなのでカートン、紙袋が変色しません。

遮光フィルム

窓ボルト導入前の倉庫は遮光フィルムでUV対策を行っていました。 その結果、日中でも明かりを必要としました。また、フィルムは数年で劣化してしまうとの事。

会議室での使用例、断熱、防音機能

会議室での利用例:約16デシベルの防音効果もあります。

2018年2月6日
› 続きを読む