オンライン空手道場/online KARATE

トップページ

はじめに

スペイン(沖縄剛柔流アリカンテ支部)、アメリカ(剛柔会サンフランシスコ支部)で修業後、日米西合わせて約30年間、空手の指導を行ってきました。
しかし、その指導内容には自らの勉強不足と努力不足が多々ありました。
その反省と新たな空手理念をもとに2020年よりzoomによるオンライン道場を開校しました。

これまでの道場や体育館指導で軽視されてきた座学交流が増え、その分、指導者自らの学習と工夫が求められます。

一方、オンライン指導には画像比較、動画を交えた座学指導、指導範囲の地理的広域化のメリットや指導場所までの移動時間・コスト・エネルギーの削減効果があります。
オンライン指導には大きな発展可能性を感じています。

実際、一部の流派ではオンラインによる型の大会なども開催しています。
将来、立体画像技術や体の動きを取り込むデバイスが普及しバーチャル組手試合も行われるかも知れません。


指導の方針


剛柔流の開祖、宮城長順先生は空手の定義と空手家としての生き方に関し、以下の格言を残されました。

「空手とは身に寸鉄を帯びず
平時に於いては心胆を練り寿康を計り
急に際しては身を守る術也」

「人を打たず、人に打たれず、全て事なきを良しとする。」

空手道は<平和(不戦)><健康・長寿><護身>の3つが目的の生涯武道であると言えるでしょう。
自己を確立し、不条理を忖度せず、ストレスなく生き貫くには武道の精神が必要役立つと考えます。

丹田呼吸をはじめとする武道の鍛練法は体力・気力を高め、健康増進し、不意な暴力やストレスから身を守る効果があります。
年齢にとらわれない心技体のバランスを意識した稽古の継続は生涯進化をもたらし、終わらぬ求道心を生みます。
一人でも多くの人が空手道修業に励み、自己を確立する事が社会の安寧に繋がるものと確信します。

最後にオンライン空手の海外普及を通し、世界平和に少しでも貢献できればと考え、忘れかけた外国語でのクラスも同時開校致しました。

師範:藤本治生
スペイン・アリカンテ市にて約1年間指導
カリフォルニア州公認空手インストラクターとして約2年半指導
剛柔流空手道四段(元全日本空手道剛柔会評議員)
剛心会創始者



リンク:剛心会柏道場(現在、師弟が指導中) 
HP:https://kashiwa-goushinkai.jimdofree.com/

稽古内容:

1.基本技の意義を探求
2.型の技化を探求
3.座学と意見交換による芸術性、哲学性を探求

稽古の基本理念:

☆中国武術の基本理念に学ぶ

<勁力>

剛柔呑吐
気沈丹田  
上虚下実
立身中正
沈肩墜肘
含胸抜背 
十趾抓地
収腹促肛
松腰松胯
全身鬆開

☆剛柔流の源流である「白鶴拳」に学ぶ ⇒ 概要

効果:
1.健康・護身力向上

2.職場、家庭等での意欲と意識改善
3.心・技・体がバランス維持と向上心創生


=====================
<オンラインによる指導内容>

対象:
①成人個人
②企業・グループ研修(10人まで)
=テレワーク中のコミュニケーションと社員の健康・気力・護身力向上に!

指導法:zoomによるオンライン稽古 
※コロナ後は定期的な対面稽古再開予定
   
指導日:

  水曜日 10:00~20:20   時間、70分(1回)
  木曜日  10:00~20:20   時間、70分(1回)
  金曜日  10:00~20:20   時間、70分(1回)


稽古:原則70分/週1回
※延長できます。

月会費:
①通常クラス:月3千円/週1(5名程度)
※定員内の他クラスへの参加も出来ます。


②プライベートクラス:月6千円/週1( 個人または1家族)

③企業・団体クラス:月2万円/週1・70分・10名程度まで
※時間帯・回数についてはご相談ください。

入会金:なし

入会申込書:こちら 
※ワードで記入後、メール添付にてお送り下さい。 

昇給、昇段試験料:なし 賞状 ⇒ こちら

昇級・昇段試験の審査内容:こちら

☆空手道指導の収益金の一部は気候変動対策の為の波動ポンプ開発に使われます。
波動ポンプサイト:http://npo-escot.org/?page_id=7834

☆海外の貧困・紛争地域からの参加者は無料となります。
☆ Participants from overseas poverty / conflict areas are free of charge.
☆Los participantes de áreas de pobreza / conflicto en el extranjero son gratuitos.


オンライン空手専用道場:柏市東上町4-17(JR柏駅東口より徒歩約10分)


    


オンライン空手稽古について

2020年7月、コロナ禍のテレワークと同時にオンラインでの指導を始めました。
現在この指導法に大きな可能性とメリットを感じています。

その理由は

1.自分と指導者の動きを同一画面で比較・録画確認ができます。
2.大人数の道場指導では難しかった質疑応答の機会が増えました。
3.共有画面を使い多用な座学指導、動画の共有等が行えます。
☆空手道の歴史、理論、精神面での在りよう知る事は非常に重要です。
4.道場への移動時間、コストとエネルギーがゼロになりました。
5.場所の制約が無く全国(全世界)何処にいても稽古が可能になりました。
☆旅行や出張先のホテルからでも参加できます。
6.新たなウイルス等への感染リスクがなくなりました。
☆マスク不要でのびのびと稽古が出来ます。


オンライン稽古の課題と対策は?

1.昇級、昇段試験は?
型試験に関してはスマホ動画により判定する事が出来ます。
☆これまでも時折実施してきた。
☆型のオンライン空手大会を開催している流派もあります。

2.自由組手の稽古は?
今のところ画面越しの攻撃に対し、受けと反撃を行うレベルですが大事なのは相手をイメージしながら型の稽古に励む事だと考えます。
また、カメラ、画像処理技術、通信速度の改善により実践に近い組手稽古も近々可能になるものと思います。

3.小手鍛え、巻き藁等の器具は?
小手鍛え棒、巻き藁用板等は工夫して自作してみて下さい。
こちらのオンライン道場は通常の木造家屋をDIYでリフォームしました。

4.海外でも大丈夫ですが?
オンライン空手道場には場所の制約はありません。
水、木、金の3日間はほぼ1日中稽古が行われ、ある程度、時差に対応出来ます。
現在、英語、スペイン語での指導を実施中です。
*尚、紛争地の方への指導は無料となります。



過去のアルバム

 
1981年
25歳でスペインに渡り空手修行を開始
地中海に面した街、アリカンテ
  スペイン最初の生徒
フェルナンド
現在、警察官として活躍中
   魚屋の地下を借りて道場開設(25歳)
   開設当初の写真、中央の黄色いジャージは近くでカンフー道場を開いている香港人のパブロ
   写真左は沖縄剛柔流、順道館アリカンテ道場の藤岡先生
(2001年撮影)
   スペインでの大会審査員
中央が藤岡先生、左は極真空手の指導者
   沖縄剛柔流の当時のロゴ
   型サンチン(三戦)スペイン順道館
   1986年
渡米後カリフォルニア州の空手指導員資格を取得
(Teachingu Credential of KARATE)
アメリカでの指導開始 ■
   剛柔流USAのマーク
   カリフォルニア州カストロバレー市アダルトスクールで指導開始
   同上
   写真右、高弟スティーブ(30歳)
   2007年
剛柔流誠空会での指導員を経て自らの道場、剛心会設立
   護身技を中心とした稽古
   簡単な関節技で相手の攻撃を止める。
   肩口をつかまれた際の対処法
動作-1
   動作-2
   動作-3 固め
   中国少林寺で作った剛心会印
   以前、御世話になった沖縄剛柔流、スペイン、アリカンテ支部の40周年記念合同稽古 
沖縄剛柔流順道館、スペイン支部HPより
   同上
   




TEL +81-80-4365-0861 / FAX +81-471-66-4128  
e.mail:ser.kashiwa@gmail.com

 

指導者が理事長を務めるNPOエスコットのトップページへ

このエントリーをはてなブックマークに追加