オンライン空手の優位性と課題

※オンライン空手稽古の優位性と課題と対策

1.自分と指導者の動きを同一画面で比較・録画確認ができます。
2.大人数の道場指導では難しかった質疑応答の機会が増えました。
3.共有画面を使い多用な座学指導、動画の共有等が行えます。
☆空手道の歴史、理論、精神面での在りよう知る事は非常に重要です。
4.道場への移動時間、コストとエネルギーがゼロになりました。
5.場所の制約が無く全国(全世界)何処にいても稽古が可能になりました。
☆旅行や出張先のホテルからでも参加できます。
6.新たなウイルス等への感染リスクがなくなりました。
☆マスク不要でのびのびと稽古が出来ます。


オンライン稽古の課題と対策は?

1.昇級、昇段試験は?
形試験に関してはスマホ動画により判定する事が出来ます。
☆これまでも時折実施してきた。
☆型のオンライン空手大会を開催している流派もあります。

2.自由組手の稽古は?
相手をイメージしながら形の稽古の反復で高レベルな実践技術を体得できます。
また、カメラ、画像処理技術、通信速度の改善により実践に近い組手稽古も近々可能になるものと思います。

3.小手鍛え、巻き藁等の器具は?
小手鍛え棒、巻き藁用板等は工夫して自作してみて下さい。
こちらのオンライン道場は通常の木造家屋をDIYでリフォームしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加