睡眠時の省エネアイテム、ヘッドルーム利用モニター募集します。

ヘッド・ルームの構造

幅を自由に変えられ、本も手放しで読むことが出来るフレーム構造

LEDでの読書も可能

LEDライトが内部を明るく照らすと異次元の空間にいる錯覚に陥ります。

 

面ファスナーでの本の固定法

面ファスナーの採用で位置や角度も自在に変えられます。

ヘッド・ルーム利用時の温度変化グラフ

ヘッドルーム内は代謝熱により適温が保たれます。これにより部屋全体の暖房温度を下げる事が出来ます。また、呼吸からの湿度供給により肌やのどの乾燥を抑えられます。

利用方法

ヘッド・ルームをマットレスの上に置きます。

利用方法

牽引ロープの上に布団をかぶせます。

利用方法

季節や目的に応じたカバー(毛布、タオルケット、こたつカバー等)をかぶせます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月28日