窓ガラス保護で衝撃吸収ジェルを試験導入

窓割れ対策にジェルシート使用。

地震対策に使われるジェル材を窓の保護に使ってみました。

窓割れ対策につかうジェルを窓の中央に張りました。

接着力があるので付きな場所に張れます。窓の中心に張ってみました。

ガラス面からの高さが8mm以内なので引き違い窓の開閉には問題ありませんでした。写真左の上下の隅に見えるのが窓ボルトです。

ガラス面からの高さが8mm以内なので引き違い窓の開閉には問題ありませんでした。写真左の上下の隅に見えるのが窓ボルトです。

窓ガラスの外側の中空ポリカとの間にジェルを導入します。

窓ガラスと中空ポリカの間にジェルがはさまれた状態です。ジェルの厚みは3mmです。

中空ポリカにUVカット処理が施されているのでジェルも劣化しにくいものと考えられます。(経過観察です。)

中空ポリカにUVカット処理が施されているのでジェルも劣化しにくいものと考えられます。(経過観察です。)

引き違い網戸(写真左)と窓ボルトのナット部の隙間や大丈夫です。

引き違い網戸(写真左)と窓ボルトのナット部の隙間や大丈夫です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年2月2日 | カテゴリー :