ヘッドルームの最新投稿です。昨年までの架台であるテープ剥がれ問題を解消しました。

ヘッド・ルームは睡眠時の省エネと快適性をもたらす事を目的に開発したエスコットのオリジナル商品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

体の上半身の1/3を中空ポリカーボネート・ドームと毛布・タオルケット等で覆い代謝エネルギーと体水分の再利用を可能にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

1)主な特徴と期待効果

4年間の開発期間中に自ら試験使用しました。

1.風邪をひきにくくなる⁉
自発呼吸による適度な加湿により、喉の乾燥が抑えられます。
飲酒し口呼吸した翌日でものどの痛みをそれほど感じることなく
爽やかに目覚めることが出来ます。

⇒ 被災地などでのインフルエンザ、風邪の流行抑止効果が
期待されます。

2.肌荒れ用保湿クリームが不要になりました。

⇒ 乾燥肌対策、アトピー性皮膚炎(?)
3.首周りの寒さによる肩こり改善。

⇒ 体の約1/3(最大前後長:55㎝)を毛布等で覆うことが出来ます。
この広いルーム空間内で両腕はほぼ自由になり、快適な寝返りを
打つことが出来ます。

4.節電・省エネ効果

⇒ 電気毛布を利用している方から温度調節を強から弱へ下げる
ことが出来たとの報告がありました。
当然、暖房を入れて眠っている方では室温を下げることも
可能かと思われます。

5.プライベート空間の確保

⇒ ドームを構成する4.5㎜厚の中空ポリカには16デシベルの
減音効果があります。
また、クリップライト(オプション)を付けることでルーム内での
読書も可能です。

6.空気清浄効果

⇒ カバーする毛布を変えることでpm2.5や黄砂等への対策となる
可能性があります。

2)ヘッド・ルームがバージョン・アップ

 

これまでの課題と対策:

1.エッジガードが曲線部分で剥がれる場合があった。

対策 ⇒ 幅50mmのループ状面ファスナーを安全性の高く、ゴム状特性を有するアルコール性シリコーンにより接着しました。

2.上部空間を広くしたい。

対策 ⇒ トッププレートを2枚取り付け、同時に張り出し長を10㎝から
15㎝に伸ばしました。

3.毛布カバーで覆うと内部が真っ暗になってしまう。

対策 ⇒ 内側に非常口などでも使われている蓄光シートを貼り、
薄明かりを確保しました。

広いルーム空間内では両腕は布団から出せ自由に動かせます。 その際、ドームを構成する中空ポリカ材のエッジによる不快感を無くすため柔らかい素材のカバーが必要になります(写真左側の縦方向)。 しかし、自由カーブである為、素材が剥がれるのが課題としてありました。 安全性が高く、曲げに強い接着法を色々試験討したところアルコール性シリコーンに行きつきました。 また、写真左下の面ファスナーはエッジから布団を守るための物です。 2本の牽引用ロープは登山用でテント用アルミフックで 簡単に連結することが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上からの写真:ドーム上にある縦方向の板(トッププレート)は横方向に貼られた2本のループ状面ファスナー上で間隔を変え取り付けることが出来ます。 これにより、形態、大きさの異なるルーム空間を作ることが出来ます。 尚、蓄光テープは横方向面ファスナー内側に貼られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3)利用方法

マットレスの上にドーム状にしたヘッドルームを置きます。

 

 

 

 

 

 

牽引ロープの上に敷布団を被せます。

 

 

 

 

 

 

 

ドームの上に毛布、タオルケット等(外気温により調整します。)を置きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4)よくあるご質問:Q&A

1.暑かったり、息苦しくなったりしませんか?

⇒ 夏場は暑く、息苦しくなると思います。
ヘッド・ルームのご利用期間は寝ていて肩口が寒いな、と感じる時期で
関東では12月~3月ころまでです。
また、空間に慣れるまでの間、薄めのタオルケット等で被覆し、徐々に
厚めの毛布などに変えていく事も重要かもしれません。

2.毛布を被せる場合の注意点はありますか?

⇒ シングルサイズの毛布であれば布団に対し、横向きにします。
ダブルサイズは布団と同じ向きに掛け、つま先方向に伸ばすように
するとより強力な寒さ対策となります。

3.中空ポリカをドーム状に曲げて折れる事はないでしょうか?

⇒ ありません。ドーム形状を作った後、2リットルのペットボトルを乗
せる事も可能です。

 

 

ダブルサイズの毛布をかぶせたヘッド・ルーム実施状況

 

 

 

 

 

 

 

ヘッド・ルーム内はの温度は20℃前後に維持されます。

就寝とともに約2倍に上昇した容積絶対湿度

 

 

 

 

 

 

気候変動期のフューチャー・デザインとサステナブル技術に関する意見・情報交換会

【タイトル】気候変動期のフューチャー・デザインとサステナブル技術に関する意見・情報交換会

【内容】以下の点からあるべきビジョンの方向性を考えます。

1)プラスティック資源循環と脱プラスティック

プラティック循環スペシャリスト 金井塚友徳氏 NTC化学㈱株式会社

アフリカODAリサーチ報告

2)有機堆肥循環と食料・バイオ

醗酵のスペシャリスト 横尾義春氏 協和発酵㈱つくば研究所所長(元)、スバイバー顧問、NPOエスコット技術アドバイザー

3)RE分野での電気エネルギーと熱エネルギー、エコロジーと防災対策、ローコスト・ローエントロピーな未公開技術

藤本治生、NPOエスコット柏環境研究所

台風対策としての窓割れリスク低減技術 http://npo-escot.org/?page_id=4895

農業分野でのユーザーDIY型、太陽熱利用技術 http://npo-escot.org/?page_id=1700

被災地避難所での感染症予防・安眠技術 http://npo-escot.org/?page_id=2764

その他、開発済み、開発中の技術紹介

================================

日時:

第1回:10 月29日(火曜)、13時00分~15時30分

※混雑を避ける為、昼の時間帯をずらしてのランチ会議となります。

場所: ロオジ 大崎店 TEL:03-3491-0816

※バラエティーに富んだビュッフェスタイルのレストランです。

〒141-0032

東京都品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎ゲートシティプラザ B1F

アクセス、店舗情報:https://nilax.jp/brand/roujiosaki/store/246.html

参加費:3,000円/人
*資料代、創エネ・環境技術開発、国境なき医師団等への寄付として。

定員:26名程度

お申込み:定員に達し次第締め切らせて頂きます。

お申し込み方法:以下のフォームタイトルに「人財交流ランチ会議参加希望」と参加ご希望日をご記入の以下のフォームより送信願います。

お申込みフォーム

→ http://gcm-sys.org/?page_id=3025

 

☆☆☆GCMでは皆様の創エネ・環境活動を支援します!

 

以下の基準に該当する案件はGCMプラットフォームと業界データベースによるマッチング支援(会員無料)させて頂きます。

 

支援基準:

 

1.環境保全に資する製品の普及又はシェア、リユース、リサイクル支援案件

2.物流の環境カイゼンに資する案件

3.総エネ・環境保全に資する活動、セミナー等の紹介案件

4.上記、1~3を実施する為の重要関連事項

 

 

_/ ̄_/ ̄/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

NPOエスコット

 

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803

メール:info@gcm-sys.org

NPO ESCOT:  http://npo-escot.org

Global Capacity Matching:  http://gcm-sys.org

台風で窓ガラスが割れるのを防ぐ有効技術

台風19号の上陸リスクが高まる中、フォルムやガムテープが品切れになっているとのマスコミ報道がありました。

これらは窓ガラスの飛散防止効果が主ではないかと考えられます。
もちろん、強風で飛び散った窓ガラスは凶器となりえます。

エスコットで開発した防災エコ窓は強風や飛散物から窓ガラスが割れるのを防ぐ簡易技術です。

また、高い断熱性能により、冷暖房費を大幅に削減し、気候変動対策にもなります。

 

衝撃試験動画Yuotube

 

 

 

 

衝撃吸収、分散原理

 

 

 

 

 

 

 

 

尖った飛散物は吸着

 

 

 

 

 

 

 

 

難燃なので焦げますが炎が出ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細情報

 

 

台風、突風による窓ガラス割れ対策には防災エコ窓

大型台風の迫る中、強風から窓ガラスを守る技術を1時間ほど検索致してみました。
結果は概ね以下のようなものでした。

1.フィルムをはる
2.ガムテープ(特殊テープ)をはる
3.段ボールをはる
4.窓の近くにモノを置かない
5.カーテンを閉め窓の近くに行かない

正直、この結果には何か違和感を感じました。
そして、エスコットが8年前に開発した技術は人(怪我リスク)と資産を守る数少ない方法の一つであると感じました。
SEO対策の稚拙さ?マーケティング力不足?等々でその内容は一向に検索表示されず、無いに等しい状況でした。

今回、出来るだけ多くの方に知って頂き、より抜本的な防災措置を講じて頂くためブログでも投稿ました。

以下のURLにて今一度、改善された技術内容をお知り頂き、お知り合いにご紹介頂ければと思います。

(※NPOエスコットの方法では91×91㎝の窓の外側を中空のポリカーボネート板(防弾
ガラスと同じ材料)でカバーし約3千円程度の予算でできます。
断熱性能が高いので冷暖房コスト削減にもなります。)

<防災エコ窓>のURL
http://npo-escot.org/?page_id=1701

中空ポリカを専用金具で窓ガラスに施工。1mの高さから10mmボルトを落下。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓用ボルトの衝撃力分散形状

サツマモ栽培、川エビ養殖、中空ポリカ+スダレでの減災&省エネ、木材乾燥試験

内径10㎝のパイプ管内にサツマイモを作る取り組みです。 期待効果は①緑化効果②簡易収穫③節水です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓の外側に中空ポリカ、中空ポリカ+スダレを取り付けました。 期待効果は①省エネ②適度な遮光③窓割れリスク低減です。

 

 

 

 

抱卵したミナミヌマエビから大量の稚エビが生まれました。

 

 

 

 

 

 

 

ヒートルパネルの背面を木材乾燥スペースに活用。

乾燥木材は石窯で調理に活用。

体感試験で乾燥対策の重要性を再確認しました。

1月22日の夜、試験的にヘッド・ルームの前面をオープンにして就寝しました。

その結果、早朝、喉に乾燥時の風邪のようなイガイガ感を覚えました。
今年に入ってから感じずにいた(ある意味懐かしい)感覚でした。
頭や耳への寒さ対策効果のほか、相当な加湿効果がある事を体感しました。

絶対湿度が代謝により約2倍に増加する実験データは以下のURLを参照願います。

http://npo-escot.org/wp/wp-content/uploads/hpb-media/hr190111.pdf

尚、本日の気象庁の乾燥に関するデータです。

 

 

 

 

 

 

 

12月16日、上布施試験場が凍結しました。

ヒートルパネル、川エビ養殖池が凍りました。

 

 

 

 

 

 

霜に覆われたヒートルパネル

 

 

 

 

 

 

 

 

日射を受けて解凍、集熱開始

 

 

 

 

 

 

 

 

川エビ用ろ過装置上の霜

 

 

 

 

 

 

ホースの先には氷柱も

 

 

 

 

 

 

 

水面は約1㎝の厚さの氷で覆われていた。

ヘッドルームが新しくなりました。(カイゼン)

これからの寒い季節、ヘッドルームを試してみませんか?

代謝熱エネルギー利用、呼吸加湿、読書空間創出等々様々な効果があるヘッドルームが新しくなりました。

以下の3点を改良しました。

①保護テープがはがれる場合がある
対策:エッジの処理をテープではなく、サンドペーパーで行った。

②内部空間をより広くほしい
対策:トッププレートを2枚にした。

③部品点数が多い
対策:コードストッパーのワッシャー等をなくした。

全体をスケルトンに仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

ワンタッチでドームからフラットに!

鋭角なエッジは細かいサンドペーパーで滑らかに!

 

 

 

 

トッププレートは2枚に増やし、蝶ナット🦋での固定に!

 

涼しい歩道提案

水をミスト(霧状)に噴霧する猛暑対策が各地で見られるようになりました。

※この水は掛け捨てです。

熊谷駅広場冷却ミスト 出典:熊谷市ホームページより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒートルパネルの中空部に地下水を流し、工場の明かり取りからの太陽光から3μメートル以上の熱線波長を回収します。

生活に使う水をパネル経由で供給することも出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様な可視光から熱成分を水に吸収させたヒートルパネルを利用すれば明るく、涼しい歩道が実現します。

 

中空マドガードにガラスの脱落リスク低減機能を付加しました。

マドガラスの脱落、ガラス飛散対策における新たなチャレンジです。

東京都都市整備局が掲載している窓ガラス落下によるリスク予見と対策例です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

窓ガラス

昭和54年以前に着工された建築物の場合、窓ガラスの取り付けに硬化性パテを使っている場合があり、特に、硬化性パテを使ったはめ殺し窓ガラスは地震時に割れやすく、落下のおそれがあります。そのため、このような窓ガラスが道路や通路に面して設置されている場合には、通行人等に危害を与えるおそれがあるため、大変危険です。

取付けに硬化したパテが使われていないか確認し、硬化したパテが使われていたら、早めに改修しましょう。

【改修方法の例】

  • ・網入りガラス、合わせガラスに取替える。
  • ・ガラス面に飛散防止用フィルムを貼る。
  • ・古い枠を残してひとまわり小さい安全な窓を入れる。
  • ・枠ごと古い窓を外して新しく安全な窓をつける。等

東京都市街地建築部 建築企画課 建築安全担当 部署のホームページより

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

地震、突風により窓ガラスが飛散する事は大変危険なことです。
NPOエスコットではこれまでガラスが割れない為の製品開発を行って参りました。
しかし、今年発生した大阪での地震によりショーウインドのガラスが外側に外れる被害報告がありました。

又、先の台風では飛散物による窓ガラス被害が多発しました。

今回、窓ガラスが外れたり、割れたりした事を前提とし、そこから派生するリスク低減に焦点を当てた開発を行いました。

窓ガラスを止める窓枠の構造 出展:日本建築学会、ガラスの建築医学より

中空マドガードのマドボルトに窓枠フックを被せ、フレームのパッキングに押し込みます。

中空ポリカ板を被せ、ワッシャーとナットで固定します。 これにより、窓枠フックと中空ポリカ板が一体化されます。

窓ガラスの内側からの画像です。 マドボルトとガラスはシリコーンで固定され、窓フックはこのマドボルトにネジで固定されています。

全体画像です。左は窓フックをマドボルトにつけた画像で左はマドボルトのみのです。 中央はシリコーン緩衝材です。l