2024年度の事業計画(案)

2024年度事業計画書(案)
2024年1月1日から2024年12月31日まで

特定非営利活動法人 エスコット

<活動目的>
この法人は、輸送業者、荷主企業のみならず広く学識経験者、一般個人の参加を求め輸送システムの効率化、多機能化を実現するための各種事業を行い、輸送環境負荷低減のみならず災害救助や国際協力となる輸送システムを確立し、広く不特定多数のものに寄与することを目的とする。
なお環境負荷低減活動は輸送分野に限定することなく広く推進していくものとする。

1 事業計画の概要
① 運送効率化推進事業:
*位置情報をベースとしたマッチング支援システム開発を目指す。
LIFE360やグーグルマップの非営利利用の可能性

*CO2削減認証書の発行事業のモデル化を目指す。
CORCS(CO2削減量認証システム)の市場導入事例構築

*国内、国際共用可能コンテナ開発支援
Diverse Container(ダイバース・コンテナ)の概念普及と実施例構築

*会員間のマッチング支援活動を継続する。
⇒会員間交流の活性化:交流会(対面、非対面供)、個別連絡・訪問、各種相談受付

*海外との物流連携の為の英文サイト「Inland depot in Japan」開設
⇒英語でのSEO強化:英語ページ作成
 
② 資源有効利用推進事業 (梱包材有効利用から改名)
*越境EC用ラック開発支援、サステナブル梱包材の普及支援を行う。
⇒人材不足と資源循環に資する梱包材情報の発信
      
③ セミナー開催等教育・啓蒙事業 
*対面での意見、情報交換会とオンラインセミナーを継続する。
⇒多様な人材、イノベーションの発掘と他団体との交流活性化

④ 環境機器開発推進事業

*波動式湧昇ポンプ関連:

⇒モニター販売カタログ:鉛直攪拌で海を耕す!オーシャンマドラー
⇒超浅海面での水温調査実施:資料参照
⇒海外企業との情報交換活性化:英語サイト構築

防災エコ窓による既設建造物の防犯・防災・省エネ化推進
⇒会員に対する広範囲な販売支援要請

*太陽熱利用の推進
太陽熱利用の重要性発信:家庭のエネルギー需要の約6割は42℃以下の低温熱

⑤ コンサルタント事業 
*コンテナ・ラウンド・ユース希望者へのマッチング支援
*佐野インランドポートの国際化支援:英語サイト構築
*イノベーティブ技術の発掘と検証

☆動画編集技術を向上させ活動を発信⇒波動ポンプ動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA